PHOTO YODOBASHI

ヨドバシカメラ公式オンライン写真マガジン

SONY A/Eマウントの全ての「ボディ」「レンズ」を実写レポート

本格的なデジタル一眼の楽しみを詰め込んだAマウントと、コンパクトなボディにAPS-Cサイズのセンサーを搭載したEマウント。性格の異なる2つのマウントを深化させながら、ボディもレンズも充実してきたソニーのレンズ交換式デジタルカメラは今や見逃すことのできない存在です。センサーそのものを生み出せるメーカーであることや、カメラのあるべき姿を積極的に再定義していく姿勢によって、意欲的な製品が次々と生み出されているのが特長といえるのではないでしょうか。テクノロジーの最前線を拓くシステムとして、愛用するファンが多いのもうなずけます。レンズ交換式カメラは勿論ですが、コンパクトカメラのクオリティには目をみはるものがあります。フォトヨドバシ編集部カメラマンが片っ端から作例撮影してきましたので、機材選びの参考になれば幸いです。レポートできていない機材についても順次アップいたします。どうぞお楽しみに!

新着情報

最新の実写レビューを並べました。期待の新製品や、少しお待たせしてしまったレンズ作例など、更新順にご覧いただけます。どうぞお見逃しなく。

α9

いよいよ発売となりましたα9。他社フラッグシップ機に初めて並ぶフルサイズEマウント機。そのスピード、そのキレをどうぞお確かめください。(2017.05.28)

ZEISS Batis 2.8/135

ZEISSから登場しました中望遠単焦点。Batisシリーズの第4弾となる本レンズは、あえて口径を抑えたF2.8。135mmレンズが描き出す世界をどうぞご堪能ください。(2017.05.11)

SEL85F18 FE 85mm F1.8

柔らかで大きなボケが楽しめる中望遠レンズが登場しました。小型軽量かつリーズナブル。ポートレート撮影だけでなく、スナップにも持ち出したくなる一本です。優秀な写りにもご注目ください。(2017.04.06)

Tokina FíRIN 20mm F2 FE MF

トキナーからEマウント向けMF広角単焦点レンズが登場しました。絞り環も配されたデザインはMFレンズらしいシンプルで質実剛健な佇まい。もちろん写りもバツグンの自信作です。(2017.03.30)

人気商品

話題の商品、人気の商品をフォトヨドバシがセレクト。ソニーのカメラ・レンズを選ぶなら見逃せない選択肢です。

RX1R II

コンパクトなボディにリッチな描写。カメラの常識を変えたRX1が、最新技術を盛り込んで生まれ変わりました。(2016.02.21)

RX100 Mark IV

シリーズ4世代目は、新開発のメモリー一体1.0型積層型CMOSセンサーを搭載。高速撮影や4K動画への対応を果たしました。(2015.08.02)

Carl Zeiss Loxia 2/50

ダブルガウス型レンズとして100年を越える歴史を持つ"プラナー"で最新・最良となる本レンズが登場しました。その写りをご堪能ください。(2014.10.29)

SAL70300G2 70-300mm F4.5-5.6 G SSM II

定評のあるソニーの70-300mmがリニューアル!防塵防滴機構・ナノARコーティング採用、AF高速化。要注目です。(2015.07.06)

カメラ実写レポート

2つのマウントのレンズ交換式ボディと、レンズ固定式のコンパクトカメラ。いずれもフルサイズまでの幅広いセンサーラインナップを用意しているのがソニーというメーカーのすごさです。

Eマウント

ミラーレス一眼というカテゴリを牽引してきたコンパクトなカメラの代名詞。今やフルサイズにも対応してあらゆるユーザーを惹きつける存在になりました。

Aマウント

ミノルタをルーツとする伝統的な一眼レフマウントも、ソニーのテクノロジーを搭載して脈々と受け継がれています。豊かなレンズ資産を活かせるボディです。

コンパクトカメラ

フルサイズセンサーを搭載したモデルから1インチセンサーを搭載したバランスの良いモデルまで。いつも鞄にカメラを忍ばせておきたいならこのカテゴリです。

レンズ実写レポート

AマウントとEマウントの各種レンズの実写レビューをお届けいたします。各カテゴリに応じた製品一覧から、お好みのレンズレポートをご確認ください。

標準ズーム

写真撮影のスタンダード。オールマイティに活躍するカテゴリです。

望遠ズーム

遠くの被写体を引き寄せる。風景やスポーツ撮影に欠かせないレンズです。

高倍率ズーム

広角から望遠まで1本でこなせるズームレンズたち。便利さは正義です。

広角単焦点

目の前の風景を余すことなく写し取る。広角単焦点は軽快に使えるレンズです。

標準単焦点

上質な写りを求めるならやはり単焦点。使いやすく明るいレンズが並びます。

望遠単焦点

望遠単焦点でなければ写せない世界があります。ポートレート撮影などにもぜひ。

マクロ

接近して撮影するならマクロレンズを。ファインダーに新しい世界が広がります。