PHOTO YODOBASHI

ヨドバシカメラ公式オンライン写真マガジン

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

SONY RX100 Mark VI / SHOOTING REPORT

1型センサーにツァイスのズームレンズを搭載したSONYの高級コンパクトカメラ、RX100シリーズ。このカテゴリーの火付け役にして老舗でもあるSONYから、またまた新しい選択肢、「SONY Cyber-shot RX100 Mark VI(DSC-RX100M6)」(以下「RX100M6」)の登場です。最大の目玉は、35mmフルサイズ換算24-200mm相当となる高倍率ズームを搭載したこと。既に高倍率ズームを搭載したネオ一眼タイプのRX10シリーズがラインナップされているので、RX100シリーズに高倍率ズームを積んできたことは意外でした。しかしこれもユーザーの様々なリクエストに対するSONYからの誠実なる回答。先代からのアップグレードというよりも、シリーズ内に新しい基軸を打ち出したと捉えたいところです。これまで28-100mm相当(初代、M2)、24-70mm相当(M3、M4、M5)と標準域をカバーしてきた本シリーズですが、目の肥えたRXユーザーというのはむしろ「なんでもズーム」も使いこなせる人たちでもあります。小さくてよく写るカメラをお探しの方はもちろん、既存ユーザーの方でもRX100M6は相当気になる存在のはず。使い道多そうですものね。JPEG撮って出しをご覧いただきながら、お確かめください。

( Photography : TA / Text : TA & TAK )

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

やっぱりまずはズームインしたくなりますよね。手のひらに収まる高性能コンパクトカメラRX100シリーズのテレ端が、なんと200mm相当まで伸びたのです。今までなら届かなくて諦めていた被写体も、思いのままのサイズで捉えることができるようになりました。早くも「なんでもズーム」礼賛モードです。

AF・AEロックで連写した画像を繋げて、動画を作ってみました。各コマ0.5秒間ずつで表示しています。秒間24コマという高速連写が、瞬間と瞬間の間にあった「歓喜」や「感動」さえも写し止めます。気づいたら一回のシャッターで200カット以上メディアに記録されていたこともありました。私はRX100M3を所有しているのですが、まずEVFアクセスに一手間あり、表示タイムラグも少々気になったりして、実のところEVFをあまり利用せずに使っていました。6代目のRX100M6では、EVFの表示タイムラグはまったく気にならないレベルに達しています。被写体を的確に捉え続けるAF(高密度AF追従テクノロジー)も素晴らしい。楽しくて、つい街中でも動いている被写体を見つけては、連写や流し撮りで遊んでしまいましたが、流し撮りだっていとも簡単にできてしまいます。この「できる」という感覚、拡張された可能性が、撮影する喜びや楽しみを増幅させてくれるのですね。

  • PHOTO YODOBASHI
    望遠端・AF/AE追随・高速連写でシーンを捉え続けた様子です。動画では少々画質やピントがわかりにくいので、拡大用に1カット用意いたしました。これならスポーツや動物なども積極的に狙っていけますね。
  • PHOTO YODOBASHI
    タッチフォーカスを利用して動体を追尾・連写した中から抜き出した1カットです。高密度AF追従テクノロジーを利用した高速連写にスローシャッター、これハマりますよ。タッチフォーカスの反応も良好で、撮影の幅が広がります。

(サムネイル画像のクリックで大きな画像をご覧いただけます)


SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

今度は広角端にズームアウトしてぐぐっと寄ってみましょう。いかがですか、このピントのキレ、背景のボケ。存在感のある被写体でしたが、高い表現力のおかげで、生命の循環、逞しささえも感じさせてくれます。

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

続いて広角端でパースを強調してみましたが、「出たなRX100!」と叫びたくなるようなシャープネスに、コンデジであることを忘れてしまいそうになります。

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

画角の自由度が、日常の光景をドラマチックに描くための最適な画角を提供してくれます。そして1型センサーならではの豊かなトーン再現力が、ドラマに余韻をも与えてくれます。ポケットに忍ばせられる、頼れる相棒。存在を主張しないので、目立ち過ぎずに撮影できるのもコンパクトならではのメリットですね。

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

あまりノイズに目くじらを立てるようなカテゴリのカメラではないのですが、ISO 800でのノイズも見てみましょう。いや、全然オッケーじゃないですか。ごくごく自然な出方で、嫌味など全くありません。強力な手ブレ補正も相まって、これまでのRX100シリーズ同様、暗い現場でも望遠側でも手持ちでいけますよ。

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

高倍率ズームとなり、テレ端のF値がF2.8からF4.5へと変わりました。こちらは124mm相当ですが、既にF4.5になっています。柔らかい被写体の描写にも品がありますね。背景のボケもとろけるほどではないものの、硬いという印象は全くありません。コンパクトとは思えぬクオリティで、主題への視線誘導には十分ではないでしょうか。

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

SONY Cyber-shot RX100 Mark VI, Photo by TA

子供達のみなぎるパワーが凄い。彼らの手にかかってしまったら、泥だらけの鯉もまさにまな板の上の鯉。この後どうするのだろうと思って見ていると、子供達は鯉を元の場所へとリリースしていました。鯉も私もホッとしました。

ここでEVFのアップグレードについてご紹介します。ワンプッシュで瞬時にEVFにアクセスでき、同時にカメラを起動させることもできます。必要なアクションの数が減った分、撮影スタンバイ状態になるまで「時短」になり、機動性も上がっているのです。もちろん収納時もEVFをワンタッチで収納すれば電源もOFFに。この機敏さがなければ、一時もじっとしていない子供達の挙動を捉えることなどできなかったでしょう。バッテリー残量を気にして電源はこまめに切るのですが、電源ボタンを押してカメラをON/OFFさせるよりも、ワンプッシュEVFにアクセスしたほうが速い気がしました。このあたりもさすが6代目、こなれてます。


960fpsのハイフレームレート撮影。このフレームレートで、Full HD出力ができるのですから大したものです。少し暗いのですが、これはまあ物欲の渦を象徴しているようでもあり。。。ともかく、日常のシーンでさえ、これほどのスローモーションで見ると観察可能な興味深い「現象」になりますね。

広角端から望遠端までズームインしてみました。やはり4Kともなるとモヤモヤ感は皆無。キリッとしていて気持ちが良いです。今回は時間的制約で、ごく簡素なムービーとなってしまい失礼いたしました。ジンバルに載せて本格的なムービー撮影にも挑戦してみたくなりましたので、いずれお伝えできたらと思います。


PHOTO YODOBASHI

  • PHOTO YODOBASHI
    液晶モニターが下方にも90度チルト出来るようになり、おまけにタッチフォーカス・タッチシャッターで真俯瞰撮影もより簡単に。これも嬉しいアップグレードです。
  • PHOTO YODOBASHI
    高倍率ズームの搭載で画角の自由度が増したのに加え、あらゆる面で熟成したRX100M6。しかもサイズは今までのRX100シリーズとほぼ同じ。コストパフォーマンスならぬ、「サイズパフォーマンス」は相当なものですよ。

高倍率ズームに1型センサーが効く。
これまでにない凝縮度の6代目。

RX100M5が出た当時、その完成度の高さに、シリーズの伸び代はどれほど残っているのだろうと思ったものです。しかしこうして新型のRX100M6を使ってみると、先代をベースとしながらもコンパクトカメラに求められる正常進化を着実に果たしていることがよく分かり、こんな伸び代もあったのかと感心しきりです。高倍率には欠かせないAFの強化はしっかりとなされていますし、先代と同等の高い連写能力も堅持。画質もコンパクト離れした高いレベルを担保していますから、他の大型センサー搭載機とコンビを組ませたとしても力不足を感じる場面は少ないでしょう。使い勝手においても有効な改良が随所に施されており、極めて完成度の高いコンパクトデジタルカメラに仕上がっていると感じました。SONYって本当に詰め込むのがウマいですよね。もう無敵。まいりました。

高画質と携帯性の両立はカメラ設計の永遠のテーマです。SONYが提供したソリューションは、1型センサーの採用。それが大成功を収めていることはご存知の通りです。そして、そこに新たに強力な選択肢が加わった。嬉しいじゃありませんか。ここまで写ってアーミーナイフのように何でも出来るのに、ポケットに入っちゃうんですよ。その恩恵を、存分に享受しましょう。物欲とは潮汐のようなもの。寄せては引き、やがてまた大きな波が、確実にやってきます。ただいま満潮の方にこれ以上申し上げることはございませんが、RX100M6の破壊力は凪いだ海にも大嵐を呼ぶでしょう。「コンデジは今持ってるので十分」と思っている方も、手に入れるためのあらゆる算段を既にしておられるはず。こういう時の思考速度って何でこんなに速いんでしょうね。

( 2018.06.24 )

Loading..
Loading..

メインに単焦点だけで出かけたいけど、そんな時に限って他の焦点距離で撮りたくなる。RX100M6があればもう安心です。もちろんこれ1台でメインもこなせます。常時携帯の上、写真ライフをお楽しみください。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

ズームレンジが拡大した分、電池消費が増えることも予想されます。予備を確保しておきましょう。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

グリップ性がアップすれば、ズームイン時の安心感もさらにアップしますよ。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

RXシリーズ用に新たに用意された、動画撮影時にも役立ちそうなグリップ。カメラ操作もできちゃう上に、三脚にもなるんです。利き手に無関係になるというのもポイントが高いですね。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

RX100シリーズ共通の本革ケースです。高級感もあり、しっかりとカメラを保護してくれます。ストラップで肩掛けもできますし、カラビナループを使えばベルトなどにも取り付けられます。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

使っていくうちに手に馴染んでくるヌメ革を使用。飴色になった姿を想像してみてください。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..