PHOTO YODOBASHI

ヨドバシカメラ公式オンライン写真マガジン

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率
[単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ

タムロンから意欲的な一本がリリースされました。ワイド端の開放値がF2スタートという世界初のスペックを有する、ソニーEマウント(フルサイズミラーレス対応)用ズームレンズです。大口径ズームと聞いてぱっと思いつくのはF2.8通しでしょうからね。設計の自由度が大きいミラーレス用レンズとはいえ、かつてない開放値での登場に驚かされました。数多くの手頃なズームレンズを世に送り出してきたタムロンが、大口径ズームレンズ市場に一石を投じたわけで。かなり攻めてきたなという印象です。“ポートレートズーム”と銘打つ大口径レンズですから、明るい開放値を活かしたズーム全域でのボケ味には特に注目したいところ。また、光学系には4枚の異常低分散レンズと3枚のガラスモールド非球面レンズを組み込む15群21枚構成で、その解像力への期待も膨らみます。加えてハイレベルなAFを可能にするリニアモーターフォーカス機構VXDを採用し、ソニー製カメラの「ファストハイブリッドAF」「瞳AF」にも対応。デザインを刷新したうえ、簡易防滴機構、防汚コートと内容盛りだくさんの「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058」。ではその写りや、使い心地についてレポートしていきましょう。

( Photography & Text : KIMURAX )

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

ズーム域ちょうど真ん中の92mm、絞り開放、最短撮影距離での撮影です。背景のテーブルクロスが柔らかく自然にボケていますね。フォーカスした花と真下のテーブルクロスの距離は30cm程度、フレーム左上の所で45cm前後といったところ。なだらかにボケて行く様が見て取れます。あえて主役を画面端に配しましたが、周辺画質も極めて良好。淡いピンクのグラデーションも実物と寸分たがわず再現されています。ちなみに各焦点距離に対応するおおよその開放値をメモしておくと、35-40mm:F2.0、40-60mm:F2.2、60-75mm:F2.5、75-150mm:F2.8となります。

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

ズーム比は4倍と高倍率ではないものの、やはりテレ端での描写は気になるところ。こちら150mm、開放での描写ですがそんな心配どこ吹く風と言わんばかりの精細な描き込みではありませんか。これだけ距離があっても被写界深度の浅さもよくわかります。

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

変わった形の花なので、どの向きでどうフレームしたらよいのやら。試行錯誤の結果、ワイド端で背景にパンジーのボケを入れつつ、最短(0.33m)でガブリ寄りの画となりました。最短での撮影でも収差の類は一切感じられず、触り心地の良さそうな艶のあるふわっとした質感が再現されています。花の名前はセロシアといって、ケイトウの仲間だそうです。ピントピークのキレ、そして上品なボケはさすがといった印象で、これだけの色合いと形状ながらボケに滲みは見受けられません。

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

絞り開放から実にシャープな像を結ぶものですから、絞る必要をほとんど感じません。硬さを残すようなカリカリの描写ではなく、主役の輪郭を繊細な線で描き切るとでも申しましょうか、炙り出すが如くの上質なタッチ。しかも端正なボケを添えてくれるのですから、ついついシャッターの回数が増えてしまいます。


SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

解像感がありつつ繊細な柔らかさをたたえた描写は、まさしくタムロンのレンズだなと感じ入ります。そして何といってもポートレートでその描写力がひときわ光るわけです。しかもズームレンズで撮影したと言われなければ気づかないほどの、単焦点レンズと何ら変わりのない仕上がりに驚きを隠せません。今回使用した有効画素数4240万画素となるα7R IIIのセンサーを活かしきる、高い解像感には目を見張るものがあり、本レンズはさらに次元を上げてきたように感じました。家族や友人、大切な人の写真を残すなら、少々奮発して本レンズで撮影したいという気にさせられます。いい仕事をしてくれるレンズですから。

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX


SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

太陽をフームすると、さすがに絞り開放ではフレアやゴーストも発生しますが至って軽微。実によく抑えられています。まったく出ないというのも、それはそれで画的に味気なかったりするものです。もし活かしたければ開放で、気になる方は絞って対応しましょう。

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

テレ端、開放からホントによく解像するものです。

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX


SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

輝度差の大きいシチュエーションですが、明暗バランスよく再現しています。それにしてもこの透明感とヌケ感、もはやズームレンズの画とは思えません。玉ボケもとてもきれいで、口径食による周辺での形の崩れも少ないですから。

SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX

とにかくシャープでキレのいいピント面。豊かな階調表現は撮っているそばから気持ちが高揚します。


SONY α7R III, TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Model A058, Photo by KIMURAX


PHOTO YODOBASHI

大口径ズームレンズに一石を投じる、タムロン渾身の一本。

百聞は一見に如かずと言いますが、ここまで見ていただきその一級の写りや表現力についてはもはや説明は不要ではないでしょうか。解像力、ボケ味、色乗り、階調、ヌケの良さ、もはや文句の付けようがありません。スペックもさることながら、タムロンとして思い切ったハイエンドな価格設定であることの理由を、雄弁に語るアウトプットをもたらしてくれました。そして思い通りの仕上がりをより確かなものにしてくれるAF性能の高さは、まさに頼もしいの一言。静かに、速く、正確で、もうとにかく気持ちがいい。瞬殺です(笑)。サードパーティ製だとは微塵も感じさせない、その応答性の高さは舌を巻くほどで、動画撮影においてもかなり威力を発揮するはず。鏡胴にはカスタムスイッチやAF/MF切り替えスイッチ、フォーカスセットボタンを備え、レンズを構えた左手に伝わるカチッとしたフィーリングは、確かな道具としての手応えそのもの。また、本レンズは「TAMRON Lens Utility」に対応しており、マウント近くに備えられたUSB Type-C端子とパソコンを接続すると、各種機能のカスタマイズが可能。例えば、被写体から被写体にフォーカス移動できる「A-Bフォーカス」、指定のピント位置に移動させる「フォーカスプリセット」、フォーカスリングの機能をボタン操作で切り替える「フォーカス/絞りリング機能切り替え」、フォーカスセットボタンによる「カメラボディ機能割り当て」、MF操作時の回転方向とレスポンスの変更という内容。ファームウェアの更新もできる仕様です。納得のいく描写性、快適な応答性、カスタマイズ性に富んだ操作性は、まさにタムロン渾身の仕上がりと言っても過言ではないでしょう。今後の大口径ズームレンズに、必ずや一石を投じることとなる存在であることは間違いありません。そしてこの存在を超えることも、なかなか容易ではないと推察します。

( 2021.11.08 )

Loading..
Loading..

絞り開放からズーム全域に渡るアクセル全開の描写力はまさに圧巻。ポートレートのみならず、守備範囲の広いよく写る標準ズームとして大活躍。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

超低反射コーティングにより反射率は0.2%。帯電防止、撥水、防汚コーティングという高性能なレンズ保護フィルターなら文句なし。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..