PENTAX(ペンタックス) カメラ 実写レビュー

ペンタックスの一眼レフカメラは歴史も古く、とりわけ主力であるKマウントは数多くのユーザーに愛されて続けています。デジタルカメラ時代のKマウントは永らくAPS-Cサイズのセンサーに絞って熟成を重ね、防塵防滴、タフなカメラとして屋外の撮影フィールドに出かけるカメラマンたちに選ばれてきました。2016年にいよいよフルサイズセンサー搭載モデルであるK-1が登場し、Kマウントのレンズ資産が更に輝き出した感があります。さてK-1が発売される前に市場に投入された、中判デジタルカメラが645Aマウントです。同カテゴリとしては破格の設定で、中判ならではのリッチな世界を手の届くものにしてくれました。これとは対象的に、世界最小クラスのレンズ交換式システムであるQマウントも存在してます。これら製品のハッキリとした区分けがペンタックスのカメラの面白さと言えるかもしれません。

センサーサイズが大胆に異なるカメララインナップですが、それぞれに魅力あふれる製品が並んでいます。その写りの違いは、ぜひ実写レビューでご確認ください。

645Aマウント対応ボディ

中判デジタルを身近な存在にした驚異のカメラ。センサーサイズの大きさがもたらす画質と表現力は、この上ない魅力です。

現行モデル

645Z

5000万画素を越えるレベルへ高画素化を進めながらも、高いダイナミックレンジと高感度耐性で更に豊かな描写を手に入れています。フルサイズのその先が欲しい方へ。

645D

このセンサーサイズでなければ、表現し得ない世界がそこにはあります。中判デジタル一眼レフとしては驚くべきコストパフォーマンス。さらなる世界を見たい方へ。

Kマウント対応ボディ(フルサイズ)

Kマウント待望のフルサイズセンサー搭載モデルが登場しています。フイルム時代のオールドレンズを楽しむにも、やはりフルサイズが必要なのです。

現行モデル

K-1

Kシリーズで培ってきた多彩な機能はそのままに36MPフルサイズセンサーを搭載。これまで以上にリッチな画をどうぞお楽しみください。

Kマウント対応ボディ(APS-C)

着実なアップデートを果たしてきたKマウントの主力モデル。いち早く防塵防滴に対応し、フィールドでタフに使える道具として多くのカメラマンに愛用されています。

現行モデル

K-3 II

APS-Cセンサー搭載Kマウントデジタルのフラッグシップがアップデート。「リアル・レゾリューション・システム」による超高精細でリッチな画は必見です。

K-3

APS-Cセンサー搭載Kマウントデジタルのフラッグシップ。ローパスフィルターレス2400画素のセンサーが描く鋭く豊かな画をご堪能ください。

現行モデル

KP

APS-Cセンサー搭載の軽快・コンパクトなボディに、K-1譲りの多彩な機能を詰め込んだハイスペックボディ。いよいよ登場です。

現行モデル

K-70

APS-Cフォーマットに対応した一眼レフの最新モデルが登場。防塵防滴をはじめ手ブレ補正など、お馴染みの機能はほぼ全部入ったお買い得なボディです。

K-5 IIs

645Dの開発で培われた技術をフィードバックして生まれた「K-5 II」のローパスフィルターレスモデル。鮮鋭さを増したその画を、体感したくはありませんか?

K-S2

PENTAX初のバリアングル液晶搭載モデル。Wi-Fi・NFCにも対応し使い勝手抜群です。もちろんファインダー視野率100%、防塵防滴仕様のタフなボディ。自分撮りにも対応しています!

K-S1

視野率100%のファインダーにボディ内手ブレ補正機構を応用したローパスセレクター等、Kシリーズの特徴を受け継ぎながらも、まったく新しいデザインで登場しました。

K-50

防塵・防滴構造を実現した小型軽量ボディに、上位機に匹敵する本格的な撮影機能や軽快な操作性を備えています。

Qマウント対応ボディ(1/1.7)

世界最小クラスのレンズ交換式デジタル一眼カメラであるQシリーズ。手のひらに収まる小粋なカメラをお楽しみください。

Q-S1

これほど小さなシステムから生み出せる、高いクオリティ。存分にお楽しみください。

Q7

センサーサイズも大きくなり、より高画質になったQ7。これほどコンパクトなレンズ交換式一眼は、他にはありません。