PHOTO YODOBASHI

ヨドバシカメラ公式オンライン写真マガジン

PHOTO YODOBASHI

FUJIFILM X-T4 / BODY REVIEW

センターファインダースタイルを採用したX-Tシリーズの最新モデル『FUJIFILM X-T4』がリリースとなりました。おそらくCP+2020でお披露目されるはずだったX-T4は、フジユーザーだけでなくカメラ好きに幅広く期待されている新製品でしょう。現在、厳しい状況が続いております。それに伴ってフジフイルムスクエアやフジフイルムイメージングプラザも休館するなど、待望の実機に触れられる機会が乏しくなってしまっていることにきっと肩を落としている人も少なくないでしょう。もちろんPHOTO YODOBASHI編集部においても現在ロケに出ることはできないため、今回はまず、X-T4の外観をはじめスペックなどを予習する意味で、X-T3からの進化ポイントを確認してみたいと思います。

( Text : Rica )


LOOK & FEEL

  • PHOTO YODOBASHI
  • PHOTO YODOBASHI
  • PHOTO YODOBASHI
  • PHOTO YODOBASHI
  • PHOTO YODOBASHI
  • PHOTO YODOBASHI

X-T4はW134.6mm×H92.8mm×D63.8mm、総重量は607g。X-T3から幅がプラス2.1mm、奥行きはプラス5mm、総重量はプラス68gとなっています。これは背面の液晶モニターがバリアングル式になったこと、また、バッテリーが2200mAhの充電式バッテリー(NP-W235)に変更されたことによる若干の大型化です。バッテリーが大容量となったことで(X-T3では1200mAh)撮影可能枚数もノーマルモードで390枚(X-T3)から500枚と大きく増えています。また、Fnボタン(ファンクションボタン)がシャッターボタンの右側へ移動。これまで測光レバーが配されていたシャッターダイヤルの同軸部は、静止画/動画切り替えダイヤルに変更されており、静止画と動画の設定を独立してできるようになっています。

PHOTO YODOBASHI

外観の特徴を伴う、前モデルX-T3からの大きな変更箇所として、背面モニターが3方向チルト式からバリアングル式になったことが挙げられます。チルト式か、バリアングル式かは好みが分かれる部分ではあると思いますが、動画撮影を意識した仕様の変更ではないかと考えられます。アングルの自由度は高く、セルフィーにも対応し、縦位置でも横位置でも撮影を行いやすいメリットがあるバリアングル液晶ですから、不便を感じることはないでしょう。もちろんタッチパネル式となっています。

PHOTO YODOBASHI

X-T3から変わらず、デュアルスロットを採用しています。X-T4では、同じ動画モードに限って、ダブルスロットのSDカード両方に同時記録ができるようになっています。対応カードはSDメモリーカード(~2GB)、SDHCメモリーカード(~32GB)、SDXCメモリーカード(~512GB)でUHS-ⅠとUHS-Ⅱに対応、ビデオスピードクラスはV90に対応しています。

PHOTO YODOBASHI

入出力の各端子部です。USB Type-CはUSB3.1から3.2になっています。また、HDMIのマイクロ端子(Type D)、3.5mmステレオミニジャック(マイク用)、2.5mmリモートレリーズ端子を備えています。


OVERVIEW

センサー、画像処理エンジンこそ据え置きではあるものの、X-T4はフラッグシップモデルにふさわしく、X-T3から大幅にスペックをアップ。特にバッテリー容量の大型化、ボディ内手ブレ補正機構の搭載、バリアングル液晶への変更など、撮り手にとって非常に有益なアップデートが盛り込まれています。

製品名 X-T4 X-T3
発売日 2020年04月28日 2018年09月20日
センサー 2610万画素 X-Trans CMOS 4センサー(APS-C)
画像処理エンジン X-Processor 4
ボディ内手ブレ補正 センサーシフト方式5軸補正 最大6.5段 なし
モニター 3.0型 3:2アスペクト
バリアングル式タッチパネル付きTFTカラー液晶モニター
約162万ドット
3.0型 3:2アスペクト
3方向チルト式タッチパネル付きTFTカラー液晶モニター
約104万ドット
標準撮影可能枚数 ノーマルモード:約500枚 ノーマルモード:約390枚
連写 約30コマ/秒(電子シャッター設定時、1.25×クロップ)
約20コマ/秒(電子シャッター設定時)
約15コマ/秒(メカシャッター)
約8コマ/秒(ライブビュー)
約30コマ/秒(電子シャッター設定時、1.25×クロップ)
約20コマ/秒(電子シャッター設定時)
約11コマ/秒(メカシャッター)
約5.7コマ/秒(ライブビュー)
低照度限界 コントラストAF/-3EV、像面位相差AF/-6EV 像面位相差AF/-3EV
フィルムシミュレーションモード 18モード(クラシックネガ、ETERNAブリーチバイパスが追加) 16モード
デジタル入出力 USB Type-C(USB3.2 Gen1x1) USB Type-C(USB3.1 Gen1)

PHOTO YODOBASHI

大きくスペックをアップした期待のニューモデル

前モデルからスペックをアップし注目したい点をまとめると、X-H1で搭載され話題となったボディ内手ブレ補正機構をX-Tシリーズとして初搭載、そしてバリアングル液晶の搭載、さらに、バッテリー容量の大型化が挙げられます。これまで、手ブレ補正機構を有するレンズを装着しなければ手ブレを補正することはできませんでしたが、これからはレンズを選ばず効果的に手ブレ補正を使っていけるのですから、これはとても有効なアップデートではないでしょうか。いまやデジタルカメラに手ブレ補正機構がないという方が珍しくなってきましたが、やはりこれがあるのとないのとでは安心感も違いますし、撮れる画も違ってきますから歓迎すべきポイントです。バリアングル液晶については前述した通り賛否ある部分です。ただ、アングルの自由度は格段にアップしますし、動画撮影に対しても重宝する機能。積極的に液晶を動かし、これまでとは違った視点の撮影にチャレンジしていけると思います。オートフォーカス性能の向上も期待したいポイント。AF速度は最速0.06秒から0.02秒に高速化。顔瞳AFについてはアルゴリズムが一新され、ライブビュー、連写の際の顔検出性能も2倍に向上しているとのこと。連写時の瞳AFの追従性についても大幅に向上され、ポートレートに動きを持たせることが可能になりそうです。さらに、オートホワイトバランスが拡張されており、「AUTO」の他に、白を優先する「ホワイト優先」、その場の灯りの色を生かす「雰囲気優先」が選択可能となっています。X-Tシリーズも4代目となり、その注目度も大きくなっています。スペックが上がっていてもセンサー、画像処理エンジンが据え置きということは、つまり新しくする必要がないほどの力を持っているということ。フラッグシップモデルにふさわしいスペックがどれくらい撮影の幅を広げてくれるのか、大いに期待が膨らみます。晴れてロケ再開が可能になった暁には、その実力の程をたっぷりレポートさせていただきます。どうぞお楽しみに。

( 2020.05.01 )

Loading..
Loading..

APS-Cセンサー搭載のミラーレス機としては世界最速15コマ/秒の高速連写が可能。動体にも積極的にトライしていけるX-TシリーズのフラッグシップモデルX-T4です。こちらは精悍な印象のブラックモデル。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

こちらはカメラ然とした品のあるカラーが魅力的なシルバーモデルです。Xシリーズとしては初めて、5軸・最大6.5段のボディ内手ブレ補正を備え、Xシリーズ史上最高性能を発揮するフジフイルムの自信作。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

交換レンズ「XF16-80mmF4 R OIS WR」をセットにしたレンズキットです。こちらはブラックモデル。「XF16-80mmF4 R OIS WR」は35mm判換算約24-122mmをカバーする標準ズームで、初めての一本にも最適です。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

こちらはシルバーモデルのレンズキットです。初めてフジフイルムのカメラを手にする、またレンズフィックス機からのステップアップ時にはぜひレンズキットをお求めください。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

X-T4専用設計の縦位置グリップです。充電式バッテリー(NP-W235)をふたつ装填することができます。横位置撮影時と変わらず感覚で撮影できるよう各種ボタンの位置にも配慮しています。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..
Loading..
Loading..

X-T4では、バッテリーを大型化したことで撮影可能枚数は大幅に増えていますが、動画撮影時や万が一への対策、旅行時の予備など、複数のバッテリーを持っていると安心でしょう。

価格:Loading..(税込) Loading..Loading..)
定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..
Loading..