実写インプレッション [X-A1]

X-Pro2 | X-Pro1 | X-T1 | X-E2 | X-E1 | X-T10 | X-M1 | X-A1
X100T | X100S | X100 | X70 | X30 | X20 | X10 | XF1 | XQ1 | X-S1

FUJIFILM X-A1 SHOOTING REPORT

プレミアムなXシリーズの裾野を広げる1台。

フジフイルムからレンズ交換式・Xシリーズの末弟となる新しいモデル、X-A1が登場しました。ひと足早く発売されたX-M1とほぼ同じボディを持つX-A1は、X-Pro1・X-E1・X-M1と続くフイルム独自配列のカラーフィルターを備えたCMOSセンサーではなく、より一般的なベイヤー配列のカラーフィルターを備えたCMOSセンサーを搭載し、ぐっとお手頃なプライスになりました。これまでのレンズ交換式・Xシリーズといえば、X-Trans CMOSによるローパスレスの鋭い描写に加え、高い光学性能を持ったXFレンズ群、フィルムメーカーとして培ってきた豊かな色再現の三つを高次元にバランスさせたプレミアムなカメラをイメージしますが、マニュアル指向の操作体系など少し上級者向けに感じられたのも事実。X-A1はそんなXマウントに、エントリーユーザにとっても手にしやすいフレンドリーな位置づけのボディが生まれたという印象です。X-A1のCMOSセンサーは上級機と同じ有効画素数1630万画素の大型サイズ。物理的に大きなセンサーは幅広いダイナミックレンジと大きなボケを生み出し、表現の幅を大きく広げてくれるでしょう。ミラーレス一眼を手にしてワンランク上の写真表現を求めたい方や、コンパクトで洒落たボディをお探しの方に、見逃せない選択肢の登場です。

( 写真:Naz, Z II / 文: Naz )

センサー以外のスペックはX-M1とほぼ共通。シャッター最高速度はXシリーズ共通の1/4000秒を搭載しています。APS-Cサイズのセンサーですから浅い被写界深度を活かしたいとき、日中からでも積極的に絞りを開けることができるわけですね。飛沫の向こうに写るサーフボードに広がる水膜の再現もなかなかです。

見栄えのいいコントラストを持ちながら、ハイライトからシャドウまでしっかりと描ききります。電車の窓から一瞬見えたキラキラの海。とっさに構えても撮り逃さない高速なAFときびきびとしたカメラの動作は、撮る者の気持ちを高めてくれる大事なポイントです。

裏側から光を受けた生地の質感描写もなかなかのもの。ピントの合ったところのシャープさから、アウトフォーカスになっていくところへの変化も実にナチュラルです。

このカメラが持つ高感度性能は、ミラーレス一眼でもトップクラス。それぞれISO1600とISO3200で撮影したものですが、このくらいまでの感度でしたら常用域としてごく普通に使えてしまいます。レンズ交換式・Xシリーズの高感度の強さはどれも素晴らしく、それはX-A1でも変わりません。手ブレしやすい夜のスナップ撮影や美しい夜景の撮影などもお手の物です。

縮小した画像ではわかりませんが、等倍では釣り竿から垂れる釣り糸や沖の船までしっかり捉えています。

高性能なXFレンズのシャープさをカメラがしっかりと受け止めています。ビルの壁面凹凸ある造形と固いガラスの質感が遠景に至るまでしっかり描き分けられています。

わずか330gという軽量なボディは、お散歩カメラとしても最適。スナップシューターになった気分でいつでも持ち出してあげたくなります。重く大きいカメラとレンズではなかなかこうはいきませんよね。

大型センサーの余裕ある描写は、目の前の光景をより印象的に捉えてくれます。

写真のある生活を楽しもう。いつもこのカメラをぶら下げて。

Xマウントのボディが持っていた "尖った" 特徴はすこしマイルドになりましたが、上質な写りに妥協は感じられず、X-A1の登場でプレミアムなラインナップの裾野が大きく広がったように感じます。扱いやすい大きさを保ちながらもボディは軽量に、カメラらしい姿と直感的な操作感も忘れていません。トップカバーに配された2つのダイヤルは金属から削り出されたものを使うなど、エントリーモデルに対しても造りのよさには手を抜かないフジフイルムの生真面目さが感じられます。撮影機能に目を向けてみると、顔認識AFや自動切り替えの多彩なシーンモードはもちろん、ソフトフィルターやトイカメラなど8種類用意されたアドバンストフィルターでアートな写真も簡単に撮影でき、フィルムシミュレーションモードではフィルムを入れ替えるように色再現を切り替えられたりと、思いのままに表現の幅を広げられます。また撮影後には、デジタルカメラでトレンドとなっているWi-Fi機能でスマートフォンやタブレット端末と連携し、撮影した写真をその場から気軽にソーシャルメディアへ送信することも可能。大抵のことはこなせるボディであると、安心していただいて良いと思います。

そして何よりこのルックス。XF1で登場したレッドやブラウンのカラーはファッションスタイルに気を使うユーザに大変好評でしたが、それをそのままレンズ交換式にしたようなカラーバリエーションが揃っています。ぶら下げるカメラ自体が洒落たアクセントになりますから、日々のコーディネートも楽しめますよね。エントリーモデルという位置づけのボディではありますが、上位モデルをお持ちの方でも思わず欲しくなるカタチではないでしょうか。

すこし上質な写りを求める方や、これまでのデジタル一眼には少し抵抗のあった方へ、魅力的な1台であると思います。Xマウントのシステムには超広角から中望遠までハイレベルな単焦点レンズが充実していますから、写真表現の面白さに目覚めたときにそれを受け止めてくれる世界が待っています。ひとつずつレンズを買い足していきながら、レンズによって広がる世界を楽しんでください。ゆっくり、じっくりでいいのです。X-A1は、そんな奥深い世界へあなたを誘うきっかけになるはずです。




Loading..

Loading..

限定のホワイトボディ。標準のXC16-50mmのズームレンズにXF27mmのパンケーキレンズがセットになった特別バージョンです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

X-M1にはないボディーカラー。色が変わると印象も随分と変わりますよ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

X-M1とは異なるパターンのブラウン。よく使う鞄の色と合わせてみるのもおすすめです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ブラックもオリジナルのパターン。よりシックな印象です。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはダブルズームキット。初めてのミラーレスをお求めの方にはおすすめです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ダブルズームキットなら、撮りたい場面のほとんどをカバーできます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

キットのズームレンズは7枚羽根の円形絞りを採用。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ボディ単体もちゃんとご用意。レッドは男性にもお勧めです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ブラウンのボディカラーはシルバーとの相性が抜群ですね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

精悍なブラック。ボディの小ささがより引き立ちます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

X-M1用のグリップももちろんお使いいただけます。大きなレンズを使用するときの安定感がぐっとよくなります。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

バッテリーはとてもよく保ちます。旅行の際などにはスペアがあると安心ですね。また充電器を持ち歩かずに済みます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

レッドのボディケース。ボディーとのコーディネートもばっちりです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはブラウンのボディーケース。たったこれだけで、カメラの印象は大きく変わりますよ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

白もご用意。お好きなボディと組み合わせください。ブラックのケースはX-M1用がお使いいただけます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

もちろん、こんな遊びにも使えます。精度の高い純正アダプターは安心ですね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ズームレンズの次は単焦点レンズにチャレンジを。たいへんコンパクトで扱いやすい焦点域です。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

せっかくのXマウントですから、高性能なレンズの世界にも足を踏み入れてみましょう。少々値は張りますが、これまでにない世界が待っています。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..
このページの上部へ