実写インプレッション [X70]

X-Pro2 | X-Pro1 | X-T1 | X-E2 | X-E1 | X-T10 | X-M1 | X-A1
X100T | X100S | X100 | X70 | X30 | X20 | X10 | XF1 | XQ1 | X-S1

FUJIFILM X70, 1/4000, F4, ISO 200, Photo by 4beats

FUJIFILM X70 SHOOTING REPORT

お待たせいたしました、X70の実写レビューです。フルサイズ換算28mm相当の単焦点レンズを搭載した、APS-Cフォーマットのコンパクトカメラです。フジフイルムのXシリーズで、X100TX30の間に追加されたポジションとなります。X100Tの16MPのX-Trans CMOS IIセンサーと映像エンジンEXR Processor IIを採用しながらも、光学ファインダーの省略により、X30よりもコンパクトなボディに仕上がっています。 このAPS-Cサイズの大型センサーに28mm F2.8レンズという組み合わせは、RICOH GR/GR IIを思い浮かべる方も多いですよね。他にNikon COOLPIX Aというカメラもありました。いずれも携帯性と写りのよさをバランスさせた名機。それらユーザーの方こそ、X70の登場が気になっているのではないかと思います。もちろん、私もそのひとり。今回X70を使って感じたのは、このカメラも負けず劣らずいいなあ…ということ。予定調和に感じるかとも思いますが、現行モデルのGR IIにとっては強力なライバルの出現であることは間違いありません。どちらもスナップシューターをターゲットとしたカメラでありながら、狙うところはやや異なるようです。このレビューでは、そのあたりについてもお伝えできればと思っています。

( 写真 : Naz, 4beats, Z II / 文:Naz )

FUJIFILM X70, 1/250, F2.8, ISO 400, Photo by Naz

Xシリーズ伝統のアナログインターフェイス

Xシリーズユーザーの方にとっては、X70の軍艦部はほっとする佇まいではないでしょうか。独立したシャッターダイヤルと露出補正ダイヤル、鏡胴基部の絞りリング。全てを液晶画面を見ながらダイヤル操作でコントロールするカメラが多い中、カメラらしいアナログのインターフェイスを大事にしていることが伝わってきます。カメラを構える前に露出を決められるというのは、咄嗟のシャッターチャンスにもカメラの状態を把握して挑めるという、スナップシューターとしては心強いもの。モードダイヤルは省略され、シャッターダイヤルと絞りリングそれぞれに配された「A」マークに合わせることで、マニュアル露出からシャッター優先AE/絞り優先AE/プログラムAEを自在に行き来することができます。これは写真・カメラ歴の長い方ほど合理的な設計だと感じていただけるでしょう。アナログ操作主体なのは軍艦部だけではありません。本体前面にはフォーカス切り替えレバーも備え、レンズ先端にはハイエンド・コンパクトでお馴染みのコントロールリング、好きな機能を呼び出せるボタンを8箇所も備えるなど、撮影者の意のままに操れる操作性はトップレベルの仕上がりです。

FUJIFILM X70, 1/1000, F5.6, ISO 200, Photo by Naz

ミニマムなボディに隠された、トレンドも逃さない柔軟さ

撮影に没入しやすい操作体系を採用しながらも、一方でX-T10で採用されたAUTOモード切り替えレバーがX70にも採用されました。AUTOモードに切り替えるだけで、カメラが最適なシーンを自動認識しクオリティの高い1枚が確実に手に入れられます(コントロールリングで任意のシーンモードにも切り替え可能です)。そしてこのカメラ、背面液晶は180度までチルトアップし、なんと自分撮りにも対応。スマホカメラから移行したい方にも丁度よい機能でしょう。その液晶はスマートフォンと同じ静電容量式タッチパネルを採用し、指先でのフォーカスやレリーズもお手のもの。この写真のように画面の隅に被写体がいる場面でもシャッターチャンスを逃しません。

FUJIFILM X70, 1/320, F2.8, ISO 200, Photo by Naz

安心の"X"クオリティ

高画質が自慢のXシリーズ。それを生み出すのは、高い描写力を誇るフジノンレンズに、ローパスフィルターレスによる切れ味の鋭さと高感度性能を両立させたX-Trans CMOS IIセンサー、そして高速な画像処理を行うEXR Processor II。それらを組み合わせて生み出された1枚は、初心者から上級者まで「誰もが納得する高いクオリティ」。加えて、優秀なホワイトバランスやフジフイルムならではのフィルムシミュレーション等、使いこなすほどにこのカメラを作り上げてきた開発者の情熱を感じられるほどです。Xシリーズのアイデンティティとなる安定した画作りは、X70においてもぶれることはありませんでした。

FUJIFILM X70, 1/1000, F5.6, ISO 200, Photo by Naz

FUJIFILM X70, 1/500, F2.8, ISO 400, Photo by Naz

FUJIFILM X70, 1/30, F2.8, ISO 200, Photo by Naz

同じ単焦点レンズを採用した一体型ボディのX100シリーズでは、開放付近に柔らかさを感じる描写をあえて残していましたが、X70で採用された18.5mm F2.8レンズは、開放からキレのある実にシャープな像を描き出してくれます。ご覧の通り歪みは皆無に等しく、前後のボケもスムースかつナチュラル。写りに関しては一切の文句のつけようがありません。

FUJIFILM X70, 1/110, F4, ISO 200, Photo by Z II

像面位相差による高速なAFは10cmまでの近接にも切り替えなしで対応。内蔵のWiFiにより、スマートフォンとの連携も画像送信に加えてリモート撮影にも対応するなど、これまでにない新しい使い方もできますね。美味しく撮れた1枚も気軽にシェアできます。

FUJIFILM X70, 1/30, F11, ISO 200, Photo by Naz

FUJIFILM X70, 1/500, F2.8, ISO 800, Photo by Naz

あれば便利なチルト液晶。ストイックな撮影者には不要と感じるかもしれませんが、ファインダーを持たないカメラでは、液晶が見ずらくなる明るい日中でも見やすく角度を調節できるなど、助かる場面も多いものです。この写真では、白い壁にカメラの底面をつけて見上げる形で撮影しましたが、こういったアングルができるのもチルト液晶があるが故。ハイアングルやローアングルなど、表現の幅はぐっと広がります。

FUJIFILM X70, 1/2000, F7.1, ISO 200, Photo by Naz

PHOTO YODOBASHI

幅広い人に使っていただける、スナップシューター。

X70は使うほどによく考えられたカメラだなと感心させられました。このカテゴリのカメラとしてはボディに少々の厚みがありますが、それはレンズが沈胴しない固定式を選んだが故でしょう。それと引き換えに、起動時間やシャッターラグの短縮、描写性能の向上、気密性や耐久性の向上等々多くのメリットがありました。また、新鮮に感じたのはこのカメラでの撮影スタイルです。小さなボディをポケットからサッと取り出す…というよりは首から提げて歩き、じっくりと被写体と向き合う方が似合っているようです。専用のレザー製ボトムケースとの組み合わせも格好いいですね。レンズ鏡胴に指を添え、眼前の光を読みながら絞りやシャッターの組み合わせをじっくりと。時にはカメラに任せて素早く。X70はその使い心地のよさを感じながら撮影を楽しむカメラではないでしょうか。

このカテゴリーのカメラはフィルムコンパクトの時代から、スナップシューター向けのカメラとして、機能をそぎ落とし「撮るための道具」に徹したものが多い印象でした。このX70でもそのスタイルを踏襲してはいますが、タッチパネルやチルト液晶をはじめとした今の時代のカメラに求められるスペックもうまくまとめています。ベテランの方には頼もしいサブカメラとして、初心者の方にはメインとしてお使いいただけるカメラとして、末長く付き合っていただける1台。ぜひ手に取ってその良さを確かめてください。

( 2016.03.23 )




Loading..

Loading..

大型のAPS-Cセンサーをミニマムなボディに詰め込んだ、ハイスペックコンパクト。Xシリーズの幅をさらに広げてくれる1台です。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはネオ・クラシカルな印象のシルバーボディ。アクセサリーとの相性もよさそうです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

専用のフードはメタル製。コンパクトさを犠牲にしません。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはシルバーボディ用。前玉保護にも必要ですね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

小気味よく撮りたい方には光学ファインダーもございます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

レザー製の純正ボトムケース。造りのよさが自慢です。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..
このページの上部へ