実写インプレッション [X20]

X-Pro2 | X-Pro1 | X-T1 | X-E2 | X-E1 | X-T10 | X-M1 | X-A1
X100T | X100S | X100 | X70 | X30 | X20 | X10 | XF1 | XQ1 | X-S1

FUJIFILM X20 SHOOTING REPORT

小粒がさらにぴりりとなったX20

FUJIFILMのハイエンドコンパクトカメラ「X」シリーズにX20が加わりました。先代となるX10から外観上の大きな変更はないものの、上位機種のX100Sと同じくローパスレスのX-Trans CMOS IIセンサー(2/3型、1200万画素)を搭載。画像処理エンジンにはEXR Processor IIを採用し、光学ファインダー内にはデジタルトランス液晶を導入したというのですから、大きくは描写特性から細やかな操作感までどのような進化、深化?がみられるのか興味をそそるところ。早速、朝から晩まで連れ歩く感覚で、ひとつひとつ確かめながら撮影してみました。控えめな画素数ながら大変解像感があり、すっきりとした抜けのよい撮像を見せてくれではありませんか。操作面では、起動時間、AFスピードなども俄然速くなっており、よりシャッターチャンスに強くなったという印象。コンパクトなマグネシウムダイキャストボディに、存在感たっぷりのクラシカルなデザインといった資産を継承しながら、画質、使い心地にとブラッシュアップされたX20が紡ぎだす画を、まずはご覧ください。

( 写真: Z II / 文章: KIMURAX )

レンズが活きる新センサー。曖昧にならずにきりっと解像

高い解像度が得られるという利点のあるローパスレスセンサーですが、それと引き換えにモアレが出やすい傾向となるものの、X-Trans CMOS IIセンサーは独自のカラーフィルター配列によってモアレ対策をしているそうです。そこまでして解像度にこだわったとあって、被写体のエッジをきちんと描き出すシャープな撮像。フルサイズ換算28~112mm相当の画角、F値はF2.0~F2.8となる明るいズームレンズとのマッチングにより、実にナチュラルで、リアリティのある画が面白いように撮れます。階調表現もなめらかで、色乗りもしっかりだけど重くは感じさせません。さすがはハイエンドコンパクトシリーズの一角を担うモデルの写りです。

明け方の清流。テレ端で絞り開放から半段しか絞っていませんが、枯れたススキや奥の桜の輪郭もぼやけることなく、画面の隅々までしっかりと解像しているのがわかります。

コンパクトデジタルでもぼかすことができるのは魅力。日差しを受けた葉先のボケ味は煩くならずに、実に柔らか。いいアクセントになっています。被写体にグッと寄って、ダイナミックな表現にもどんどん挑戦してみてください。

目を惹く鮮やかな発色です。先ほどローパスレスのセンサーではモアレが出やすいというお話をしましたが、モアレ対策済みということでしたのであえて意地悪な被写体を狙ってみました。う~む、袈裟のハイライトエリアに散見されますね・・・。ただこういったテクスチャーでは大方のデジタルカメラでも多かれ少なかれ発生しやすいものですから、どのみち避けられないでしょう。ピントピークの鋭い描写によって背景から被写体がきっちりと分離されており、高解像度の恩恵の方がむしろありがたく感じられるカットに仕上がっているのではないでしょうか。

撮りたい気持ちに、素早く応えてくれる

ズームレンズを繰り出す動作で電源が入るというのはX10から引き継がれていますが、約1.5秒だった起動時間は約0.5秒へと短縮されています。これは画像処理エンジン「EXR Processor II」の採用によるもので、AF速度や連写速度も向上しておりテンポよく撮影に臨むことができました。光学式ズームファインダーには、シャッタースピード、絞り値、ISO感度、フォーカシングエリアといった撮影情報が表示されるようになり、使い勝手も上々。大きく見やすい背面液晶は確かに便利なのですが、切り取りたいシーンにのめり込んでいく感覚を楽しむにはファインダーでしょ、と個人的には思うものですから喜ばしいことです。バッテリーの消費も抑えられるでしょうし(笑)。撮影モードは背面液晶をタッチして切り替えるというコンパクトデジタルが増えている中で、アナログダイヤルで操作できるのはいいですね。金属削り出しダイヤルの質感とクリック感がこれまたX20の佇まいには欠かすことのできないファクターです。

煩雑な被写体ですが、細部のシャープネスや立体感をキープしつつ、しっかりと描いています。高台の木々もぺたんと潰れてしまわずに、それぞれの立ち姿が再現されています。

コンパクトデジタルも一方では高画素数化が進んでいることを考えれば、有効画素数1200万画素は控えめなスペックですが、ご覧のような階調豊かな画作りを可能にしています。ふわっと霞む沖合の表現もなかなか秀逸。光を反射する入り江の細波の精細な描写には目を見張るばかりです。

絞り込む余裕のある明るいレンズは頼もしいですね。ノイズも大変少なく、照明からの光芒もなかなか美しく描けています。

小さな上質が、毎日を楽しくする

X20からクラシカルなデザインが一層際立つシルバーボディも追加されましたが、その品位ある佇まいを損なうことなく、まるで機械式カメラを操っているような感覚を伴うレスポンスのよい使い心地に驚かされました。コンパクトなボディだから多少のことは犠牲にしても、なんていう妥協は微塵も感じさせない作り手の意思を感じつつ。ということを言うと、コンパクトカメラの割りにはなんだか小難しそうだなぁと思われてしまいそうですが、いえいえそんなことはありません。一日中連れ歩けるコンパクトさと、大抵のシチュエーションに対応できてしまう画角のズームレンズ搭載機ですから、コンパクトデジタルをはじめて手にするような人でもあれこれ考えずに、気の向くままに手軽に撮影することができます。背景もぼかせて、写りもいい。なにせカメラ然としたスタイリングがゆえに撮る自分の姿までも様になってくるのですから、ついつい持ち歩く機会も増えるもの。カメラとの付き合いの長い人にも、そうでない人にも、きっと満足度の高いカメラだと思います。単なる撮る道具にとどまらない、愛着の湧く1台となることでしょう。




Loading..

Loading..

正統進化を果たしたX20。いつも連れ出して、写真を楽しんでください。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

新たに加わったシルバーボディ。悩ましい選択になりそうです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

フードとフィルターがついたセット。レンズ保護の観点からはもちろん、一段と格好も良くなります。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

シルバーボディに合わせるならこちらですね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

純正ケースも良くできていて、使い勝手は良好。新品のうちから揃えておきたいアイテムですね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

液晶を保護するプロテクターはこちら。ご一緒にどうぞ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..
このページの上部へ