実写インプレッション [X10]

X-Pro2 | X-Pro1 | X-T1 | X-E2 | X-E1 | X-T10 | X-M1 | X-A1
X100T | X100S | X100 | X70 | X30 | X20 | X10 | XF1 | XQ1 | X-S1

FUJIFILM X10 SHOOTING REPORT

日常を撮りたいすべての方へ、上質と高性能を備えたミニマムなパッケージ

小さなセンサーと割り切ることで、Xシリーズの中でも最もコンパクトなサイズを実現したX10。「センサーサイズからして、画はそこそこでしょ?」なんて侮るなかれ。2/3型というコンパクトカメラの中では大きなセンサーは、通常正方格子状に配置される画素を45度回転させ、独自のカラーフィルター配列を用いたフジフイルムの技術の結晶。そのサイズからは考えられないほど精細で、良質な画を生み出します。搭載するフジノンレンズは35mmフイルム換算28mm〜112mm相当・開放F値2.0〜2.8と、極めて使いやすいズームレンズ。これだけでほとんどのシチュエーションに対応できる、オールマイティな1台なのです。X-Pro1、X100がより高い画質を生み出すことは確かですが、ズームレンズの使い勝手の良さ・いつでも持ち歩ける軽快さでは、X10に圧倒的なアドバンテージがあります。肩がこらずに持ち歩ける、バッグにも無理なく収まる、上質かつ機能性の高い1台。Xシリーズの美味しさがしっかり詰まった、誰にでもおすすめできるカメラなのです。

( 写真:K、M.Ishizuka / 文章;M.Ishizuka )

コンパクトとは思えない高画質・高精細

ひと昔前であればセンサーサイズの小さなデジタルカメラの画はどうしても見劣りしたものですが、X10の画は極めて精細。フジフイルムらしい色の良さも相まって、少し撮り歩いてみれば「こんなに小さなカメラで、こんなに良く写るものか」と驚かされます。もちろん100%で見ればAPS-Cサイズのセンサーとの違いはありますが、モニタで見るサイズやインターネットで掲載するサイズ、L判のプリントなどで見る限り「十分以上」と言って差し支えない画質ではないでしょうか。4000 x 3000という高画素は、質感やトーンの豊かさにも確実に寄与しています。

シチュエーションを選ばない自由なレンズ

広角から望遠まで広い焦点距離をカバーするレンズですから、日常の撮影に困ることはないでしょう。しかもズーム全域でレンズが明るいということが一層使い勝手を増してくれています。夕暮れや夜の撮影はもちろんのこと、結婚式や披露宴、室内での料理撮影など、一般的なズームレンズでは難しい場面でも大活躍。また、センサーが小さいからこそ被写界深度を稼げると考えれば、大型センサーのカメラよりも光量の少ない場面においてはむしろ撮りやすいカメラと言えるかもしれません。

旅も日常も、これひとつで事足りる

コートのポケットにも収まるサイズですから、小さな荷物で出かける時にも違和感なく、ぶら下げていても負担がありません。このサイズこそが、X10の絶対的な魅力。日々の散歩に連れ出すにも、ぶらりと出かけた旅行にも、手にしていてさりげなく、それでいて良く撮れて格好のつくカメラです。X-Pro1、X100には単焦点レンズならではの良さ・面白さがあるのですが、人によっては使いこなすのが難しい所もあるでしょう。X10はその点、難しく考えなくても大概の場面を写せるオールラウンダー。幅広いユーザが満足できるコンパクトカメラと言って、おそらく間違いありません。

いつも懐に忍ばせて、気軽にシャッターを切りたい。写真の楽しみを再発見できるカメラ

Xシリーズの中では弟分という位置づけに見えるX10ですが、手にしてみるとこれほど良く出来たコンパクトカメラはなかなか存在せず、シリーズの中では最も幅広いユーザに満足してもらえるカメラではないかと思います。趣味で写真を撮ってきた方でなければ、日々大きなカメラを持ち歩くことはありません。写真趣味の方であっても普段は小さなカメラがいいと思われている方は多いはずで、X10はそんなニーズをきちんと満たせるサイズと性能を持っています。また「デジカメ欲しいけど、何選んだらいいかわからない」なんて考えている方にも、実は相応しいカメラ。形こそ本物志向といった雰囲気ですが、使い勝手は簡単そのものです。形や雰囲気がお好みであれば、初心者にこそおすすめしたい1台です。
ボールペンを万年筆に買い換えて、文字を書くのが楽しくなる。そんな感覚で手にしていただくのがぴったりではないかと思います。




Loading..

Loading..

コンパクトさと使い勝手の良さ、高画質。いつも持ち歩く1台としても、サブカメラとしてもぴったり。どなたにでも自信を持っておすすめできます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

日中の撮影に活躍するフード。本来の遮光性能だけでなく、レンズの保護や単なる格好良さだけのために、用意しておきたい一品です。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

レンズ保護のためにはフィルターもおすすめ。フードを着けることで利用可能になりますので、フードのお買い求めもお忘れなく。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

いつも持ち歩けるカメラであればこそ、撮りたい時に撮れなければ意味がありません。予備があれば安心です。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..
このページの上部へ