XF Lenses: 14mm F2.8 | 18mm F2 | 23mm F1.4 | 23mm F2 | 35mm F1.4 | 35mm F2 | 56mm F1.2 | 56mm F1.2 APD
60mm F2.4 | 90mm F2 | 16-55mm | 18-55mm | 18-135mm | 50-140mm | 55-200mm | 100-400mm

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/5000, F5.6, ISO 200, Photo by A.Inden

XF23mmF2 R WR

新たにXシリーズ用のラインナップに加わったFUJINON XF23mmF2 R WR。FUJINON XF35mmF2 R WRに続いてまた悩ましいレンズが出てきました。同じ画角のXF23mmF1.4 Rと比べ、開放値は一段暗いが、防塵・防滴を備え、小さく、軽く、フォルムは少しクラシックさを感じさせる先細り、更に価格は抑え目。F1.4かF2か……。悩ましいですね。撮影は形から。機材を変えると作風が変わると信じている(私のような)者にとっては、大きくフォルムを変えて発売されたことは大きなポイントでしょう。X-Pro2につけたところゾクゾクするぐらいピタッとハマりました。眺めているだけでも十分満足できるのですが、それではレビューにならないので……。

( 写真 / 文 : A.Inden )

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/6400, F5, ISO 200, Photo by A.Inden

軽快なスナップシューター

X-Pro2に装着し、液晶で像を確認しながら街をスナップしていると、APS-Cサイズの他のレンズではあまり覚えたことのない感覚に戸惑ってしまいました。何故かなと考えながら、自宅で上がった画をじっくり見てみると、コントラスト、色乗り、直線の伸びやかさが際立っているため、画が力強く仕上がっているのです。そのため、画角35mmに自然さを求めてしまう筆者にとってはギャップが感じられたというわけです。性格がわかってしまうと、1段か2段絞って露出を少しアンダー気味に、街をクールに切り取るには手放せないレンズに。新たに採用されたステッピングモーター駆動によるAFでピントも小気味好く決まり、スナップシューター気分を盛り上げてくれます。

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/3200, F2, ISO 200, Photo by A.Inden

太陽の反射を入れてオーバー気味に撮影。開放での撮影ですが、エスカレーターや壁面の直線は画面の隅までまっすぐに伸びています。色濁りのないクリアーな描写のためか、不思議な透明感が感じられます。

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/1000, F2, ISO 200, Photo by A.Inden

青と赤の色のコントラストが気になり、青空の写り込みを生かしてウインドウを撮影。綺麗な色乗りですね。赤い本がピントピークですが、開放だと最近の高画質に慣れた目には若干甘く感じられます。

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/2900, F2, ISO 200, Photo by A.Inden

夕方突然雲が切れてきたのでホームグラウンドの湘南へ。日没前、雲の切れ間から差し込む優しい光、残照のしっとりとした光に包まれる世界。強い光が差し込む都会とは違う条件で撮影することができました。画面の奥から覆い被さってくるようなしっとりとした光の中で開放撮影すると、日中の強い光の中で撮った画と違い、優しい写りを見せてくれます。周辺光量が少し落ちた雰囲気、ピントピークでもカリカリしない描写は、オールドレンズのようなテイストです。

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/800, F4, ISO 200, Photo by A.Inden

"青春してる"と思われるふたりを、太陽が隠れて数十分のチャンス、魔法のようにいい写真が撮れる"マジックアワー"に撮影。F4まで絞ることで周辺光量落ちはほぼ解消、ピントピークのふたりもシャープに描写されています。開放の独特の雰囲気とは違いますが、すべての世界を覆い包むようなマジックアワーの光感を上手く捉えています。

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/210, F2, ISO 200, Photo by A.Inden

四隅まで美しいボケ味

フォルムからスナップシューターのイメージが強いレンズですが、やはり開放でのボケ味は気になるところです。ピントを合わせた中央の自転車のサドルの文字はシャープに、サドルのシボもしっかりと感じます。開放逆光という、ピントの合ってない部分の像が崩れやすい条件ですが、画面の隅まで形を残しながらなだらかにボケています。太陽の光が金属部分に反射しているところに光のにじみが出ていますが、フレアやゴーストは出ていません。光のにじみは好みの問題もあると思いますが、ポートレートを逆光で撮影したとき、髪の輪郭に少しにじみがあると柔らかい仕上がりの写真に感じやすいですね。

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/1250, F2, ISO 200, Photo by A.Inden

美しく仕上げられたハーレーのエンジン。前後になだらかにボケていき金属のヌメッとした質感を上手く表しています。

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/180, F2, ISO 200, Photo by A.Inden
XF23mmF2R WR・開放F2で撮影。

禁断の世界へ。比べてみました。

やはり気になりますよね2本のレンズの違いが…。どちらがいいか迷っている方も、もう持ってるんだけど買い足しの理由を探している方も。そこで比べてみました。XF23mmF2R WRとXF23mmF1.4Rを。いちばん気になるボケ味の違いについて。

3カットを並べてみて驚きました。ボケ味に対する考え方が全く違うレンズですね。開放値が違うので開放でのボケ味が違うのは当然として、同じF2で撮影しても大きく違うところが面白いです。筆者の感覚では、XF23mmF2 R WRはその場の雰囲気をリアルに伝えたいボケ味、XF23mmF1.4Rはピントピークをきわださせたいボケ味。どちらが好みかは、どう使いたいかで選び方が分かれるところですね。レンズ沼の住人である筆者は、同じメーカーの中に選択肢があるだけで幸せですが。(3枚の写真とも画像のクリックで大きい画像を表示します)

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/680, F5.6, ISO 200, Photo by A.Inden

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/950, F2.8, ISO 200, Photo by A.Inden

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/18, F2, ISO 400, Photo by A.Inden

FUJIFILM X-Pro2, XF23mmF2 R WR, 1/3000, F5.6, ISO 200, Photo by A.Inden

PHOTO YODOBASHI

"ジャケ買い"でもOK

音楽を聴くのに少しハマりだした頃、新しいジャンルを聞いてみたくなり、内容も確認せず、気に入ったジャケットのものを購入していました。いわゆる"ジャケ買い"。不思議なものでレコードから流れてくる音楽は、ジャケットから受ける印象と共通していたように記憶に残っています。「XF23mmF2 R WR」が発表されたとき、そのフォルムから「軽快にスナップできそうなレンズだな」という印象を受けました。実際にスペックを見ても、防塵・防滴を備え、小型で軽量、さらにステッピングモーター採用と、スナップ(=シーンを切り取ること)に向かっているように思えました。

さて"ジャケ買い"の結果は…。
右手にくるくるとストラップを巻きつけ、いつもより早足で都会の隙間を抜けていく。力強い描写は、気になったシーンをいつもより一歩前へ踏み込ませてくれます。撮れた画はいつもよりラフな感じの仕上がりで、テンポの速いストリート映画を見ているよう。さらに開放でのオールドレンズを思い起こさせる優しい描写はイメージ以上でした。試写を終え机の上に置かれた性格の違う2本のレンズを眺めながら、個々の描写を生かすにはどんなシーンを想定すればいいのか……想像をふくらませています。どちらをどんなシーンに選ぶか、嬉しくも悩ましいですね。

( 2016.12.20 )




Loading..

Loading..

クラシカルでスタイリッシュなデザインは、X-Pro2にぴったり。より精悍なイメージにしてくれるブラックで、スナップシューティングに出かけましょう。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

もちろん、シルバーもラインナップされています。こちらはX-T2などに装着しても。防塵防滴性能を活かし、雨の日にもぜひ持ち出してみてください。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

クラシカルなスタイリングのレンズですから、フードにも気を配りたいもの。スリットの入ったフードがよく似合います。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらもシルバーがラインナップされています。金属製で質感も高く、心地よい重量感です。レンズの色に合わせてぜひどうぞ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..
このページの上部へ