SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/320, F5.6, ISO 100, Photo by Z II

Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ

画角130度と魚眼レンズを除くフルサイズ対応としては世界最広角のレンズ、HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6のレビューをお届けします。ラインナップはEマウントとVMマウントとなっており、本レビューではEマウント用をご紹介します。歪曲収差が極限まで補正され、光学設計はソニーEマウントセンサー向けにオプティマイズしたという本レンズ。超広角で発生しやすい周辺の色収差を軽減、電子接点を有することでExifデータの記録もでき、フォーカスリング操作時のファインダー拡大表示も可能になっています。さらに、10群13枚という複雑なレンズ構成で、そのうち2枚に非球面レンズを採用。Eマウント機のレンズ補正にも対応するなど、時代のニーズをしっかりと取り入れた現代の単焦点マニュアルフォーカスレンズです。開放F5.6ですから、ほんの少し絞ってパンフォーカスでの風景撮影や、星空を入れた夜の撮影などにも使ってみたい一本ではないでしょうか。Eマウント対応の純正レンズは、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの16mmが最広角であり、さらにワイドなレンズを望んでいた方々も少なくないでしょう。実際にファインダーを覗いてみると、10mmという世界のなんと広いこと!両目を開いて見えている範囲はほぼ全部写るといってもいいでしょうか。一体これで何が撮れるのか、どんな楽しいことができるのか。歪曲収差を極限まで補正、直線をまっすぐに写し取る超広角の新たなる世界をさっそく作例で感じて頂きましょう。

( 写真 : Z II / 文 : SLK )

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/250, F6.3, ISO 100, Photo by Z II

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/1600, F5.6, ISO 100, Photo by Z II

真ん中ドン。

まずは都会の景色からです。いろいろな構図を試してみましたが、画面の端に被写体を置くと大きくパースがつくため、真ん中にメインの被写体を持ってくるのが正攻法でしょう。写りはとてもシャープ。色のりもこってりとしています。大きな周辺減光はむしろ好都合という人も多いのではないでしょうか。

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/50, F5.6, ISO 200, Photo by Z II

超広角レンズだけにパースも強烈で、中心から数センチずれるだけでも被写体の写り方が大きく変わってきます。このパースを効果的に使って撮ることができれば想像を超える作品が仕上がるでしょう。最初からイメージを決めて撮るというよりはいろいろ撮って試してみることをお勧めします。

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/1250, F5.6, ISO 100, Photo by Z II

最短撮影距離は30cm。グっと被写体に寄って撮影すれば、超広角ならではのパースペクティブをより効果的に画作りに取り込めるはずです。近いものはより近く、遠いものはより遠く、肉眼で見るのとは異なる遠近感が、目の前にある風景を違う世界のように演出してくれます。それにしても、ピントピークのキレは目を見張るものがあります。花や葉の質感もとても“生々しく”描き出すレンズです。

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/50, F5.6, ISO 100, Photo by Z II

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/200, F5.6, ISO 100, Photo by Z II

こちらはボディ内での歪み補正を行っていない画となっています。ほんの少し樽型に歪んでいるのですが、お分かりになりますでしょうか? 実写では直線も曲線ものびやかに、スケール感のある描写で、歪みはほとんど気にならないレベルでした。どうしても気になるという方はボディ内の歪曲収差補正を使用することで解消します。

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/60, F11, ISO 100, Photo by Z II

開放から2段絞り込み、F11での撮影です。壁の木目や漁具の立体感は目を見張るものがあります。陰影をしっかりと再現しながら、実は真っ黒につぶれているように見える部分にも木目などの情報が残っています。光と影を活かしてくれるレンズですね。またパースがつかないように撮影してみましたが、超々広角レンズで撮ったとは思えないほど自然な描写です。(※画像のクリックで等倍画像を表示します)

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/40, F5.6, ISO 100, Photo by Z II

きっちり撮ろうなんて思わない。

垂直水平をしっかりと出し、きっちり撮ることで普通に写すことはできます。しかし、このレンズはそういう使い方だけではなく、ほんの少しでも傾けたときに出る強烈なパースを生かし、グっと煽って迫力を出すとスケール感がアップし、レンズのよさをさらに味わえると思います。

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/40, F5.6, ISO 12800, Photo by Z II

いかがでしょうか、この迫力! 太鼓の音だけでなく、その音圧まで伝わってくるようです。限られたスペースのなかで目の前にこんな光景があっても、超広角レンズでなければその全体像を収めることはできません。

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 1/8, F8, ISO 200, Photo by Z II

SONY α7S II, Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical, 20, F8, ISO 1250, Photo by Z II

北斗七星を中央にして星空を撮影しました。夏はなかなか日が暮れず、蚊も多いので天体撮影は大変でした。現像時にトーンを整えていますが、これだけ広範囲な星空を1枚に収められるとは驚きです。

PHOTO YODOBASHI

「世界は広い」ということを実感できるレンズ。

いかがでしたでしょうか。撮影前と撮影後でずいぶんレンズに対する印象が変わりました。撮影前は目の前の景色、いや目の横の景色まで写るレンズのため、画面整理がきっと大変だろうと想像し気合いを入れて臨んだのですが、実際に撮ってみるとパースや周辺の像の流れなどはほとんど気にならず、「真ん中ドン!」でかっこよく、また不思議な世界を作り出すことができ、撮影を楽しめました。α7/α7 IIでは、フォーカスリングを動かすとライブビューが自動拡大されとても便利。焦点距離が最短付近の撮影ではピントのヤマを見分けるのにも重宝し、電子接点の搭載は嬉しいポイントだと感じました。ただ10mmという超広角ですから、撮影距離が3m以上ともなると拡大しても被写体はかなり小さくなってしまいますが…。ともあれ、それくらい広い範囲を写すことができます。人の視野を超える画角ですから、画作りを頭で考えてみてもイメージするのは難しいものです。スナップならば体を動かして振り回すぐらいの方がよい結果に結びつくような気がします。普段使いをするレンズではありませんが、このレンズには撮るだけで日常の風景を異空間に変えてしまうほどの力があります。あと3歩の引きが欲しいけど魚眼レンズじゃないものが欲しいという方、インパクトある写りの超広角レンズが欲しい方にはぜひおすすめです。大きなパースを生かしてさまざまなシーンを撮影してみてください。

( 2016.11.01 )




Loading..

Loading..

SONY Eマウントに最適化した超広角10mmのマニュアルフォーカスレンズ。この一本で新たなる写真表現にチャレンジしてみませんか。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

今回のレビューはSONY α7S IIで行いました。圧倒的な超高感度とHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalの組み合わせで星景撮影などもおすすめです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..