Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/800, F2.8, ISO 100, Photo by M.Ito

Carl Zeiss Touit 2.8/50M

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ

Carl Zeiss がリリースしているミラーレス一眼用のシリーズ Touit に、3本目にして初のマクロレンズ、Touit 2.8/50M がラインナップされました。35mm版フルサイズ換算で75mm相当の画角、最短撮影距離は15cm、等倍までの撮影が可能、そしてレンズの底面にはさりげなく刻印された Makro Planar の文字が。接写はもちろん短めの中望遠としての活用にも期待値は上がります。ソニー純正のEマウントレンズに視野を広げても、マクロレンズは現在のところ競合するアイテムが無いので、Zeiss ファンでなくても気になるのではないでしょうか。

( 写真:M.Ito / 文:4beats )

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/40, F2.8, ISO 400, Photo by M.Ito

少し暗めの室内で、かなり近寄っての撮影です。シャープさと柔らかさが絶妙なバランスで両立しています。肌がカリカリになることなく、それでいて指輪が甘くなることもなく、質感がありありと伝わってくる描写です。手の主はどんな人だろうと想像させられるリアルさがあります。

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/40, F4.5, ISO 800, Photo by M.Ito

控えめな甘さとサクサクとした食感のスイーツを・・・ではなく和食屋さんでの一品、長芋を最短撮影距離付近で。このレンズの画角でこれだけの至近距離になるとピントも浅く、見慣れたはずの光景が急変するものです。お皿にあしらわれた白い装飾がキラキラとしたボケ玉となって、長芋を引き立てるアクセントになりました。

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/400, F2.8, ISO 100, Photo by M.Ito

絞り開放でボケの確認を。文字がしっかり読めるシャープなピントピークから、前後にゆるやかにボケていくさまは Makro Planar の真骨頂といったところでしょうか。陰影の乏しい弱めの光も手伝って、おみくじがやさしく描写されています。

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/640, F2.8, ISO 100, Photo by M.Ito

少し距離をとって大きく前ボケを入れるとこの通り。ゴチャゴチャと五月蠅くなりがちなところを、光を織り交ぜて優しいボケになりました。春の訪れを感じさせる暖かな日の雰囲気がよく出ています。また、鉢植えの花と葉を一つ一つしっかりと認識できる立体感も見事です。

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/500, F2.8, ISO 100, Photo by M.Ito

開放での撮影ですが、しっかりとした切れ味で椅子や床板をシャープに描いています。さらに、ハイライトの伸びもシャドウの粘りも大変優秀な様子。明暗だけで捉えたモノトーンな午後のひとときです。

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/600, F2.8, ISO 100, Photo by M.Ito

何を見ているのでしょうか。気になりますが、その前に一枚。この距離からもジャケットや帽子の質感や立体感がよく分かりますね。このカットも絞り開放です。

 

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/80, F2.8, ISO 100, Photo by M.Ito

床への映り込みが綺麗だったのでカメラを構えていたら、突然の人物登場に慌ててシャッターを。ピントは手前の壁面にありますが、その場の雰囲気をとてもよく捉えてくれました。柱や壁面の直線がキリリと浮き立ったシャープさと、逆光気味のふわりとしたニュアンスを両立させるところなど、Carl Zeissらしいですよね。

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/500, F8, ISO 100, Photo by M.Ito

東京タワーの骨組みや、ビルの上のアンテナ、窓枠など、細かなところまでよく解像しています。F8まで絞っているというのもありますが、遠景でもレンズの実力が窺える描写です。

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/640, F8, ISO 100, Photo by M.Ito

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/60, F2.8, ISO 100, Photo by M.Ito

Sony NEX-7, Carl Zeiss Touit 2.8/50M, 1/640, F2.8, ISO 100, Photo by M.Ito

 

マウントするだけでワクワクする、中望遠マクロ。

いかがでしょうか、Touit の中望遠マクロレンズ。ラインナップの穴を埋めてくれる焦点距離で、しかも Carl Zeiss ブランド。凹凸の少ない潔いルックスには気品すら感じられます。そして実際にその写りは柔らかなボケ味とシャープさを兼ね備えており、まさに期待通りの Carl Zeiss の描写です。画面周辺では若干緩い描写も見受けられますが、被写体や距離・絞りによっても変わるので、むしろ撮り方を工夫する楽しみにもなります。

開放値のF2.8はマクロレンズとしても、ポートレイトなどを楽しむにも十分な明るさです。インナーフォーカスを採用したことで、レンズの繰り出しがなく近接撮影時の使い勝手も良好。また撮影距離によって変化する収差に対応するために、マクロレンズに多く見られるフローティング機構を本レンズでも搭載、抑えるべきところはしっかり抑えてあります。信頼の置けるブランドのレンズを自分のカメラにマウントする、それだけでも撮影意欲が沸いてくるものですが、その描写力に、さらにテンションもアップして休日が待てなくなりそうです。

( 2014.03.26 )




Loading..

Loading..

休日が待てなくても大丈夫です。身近なところでもいろいろ楽しめますよね、マクロって。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

よいレンズにはよいフィルターを。せっかくですからね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..