SONY SEL70200G FE 70-200mm F4 G OSS

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ

ハイエンド望遠ズームレンズの活躍するシーンは多く、その描写の良さもあって一度使えば手放せなくなるものです。フルサイズ対応Eマウントで新たに登場したのは、ホワイトの外装も誇らしげなGレンズ。手にしただけで嬉しくなる質感の高い仕上がりで、ボディに装着すれば否応なく写欲も高まることでしょう。α7に装着すればそれなりの大きさに見えるのですが、F4通しに抑えた本レンズはフルサイズの大口径望遠ズームレンズと比べれば大変コンパクトで取り回しもよく、積極的に望遠撮影を行いたくなるパッケージになります。この焦点距離ですから十分なボケは得られますし、α7等の高感度の描写を見れば極めて "実戦的" な1本。もちろん期待通りの描写性能を見せてくれますが、カリカリ&ハイコントラストというよりも、柔らかさを備えたバランスの良さが魅力的です。その場の空気をそのまま持ち帰るような画は、被写体との間にある空気の厚みまでもしっかりと写しこんでくれるイメージ。フルサイズEマウントの良さをさらに活かしてくれる本レンズ、見逃すわけにはいきません。

( 写真:T.Takahashi / 文:48 )

写真趣味を持たない人であればそもそもカメラを向けないようなシーン・・・いや、写真趣味の人でもあまり撮ろうとは思わないかもしれませんね。鈍い空模様でコントラストの弱い田園風景を、雰囲気そのままに写しとってくれました。なんてことのない風景こそ、レンズの性能が感じられるように思います。絞った撮影で、電線の一本まで明瞭に描いてくれています。

クリアな描写で、ボケも自然ですね。70-200mmといった焦点距離は被写体を切り抜くのに調度良い画角で、ポートレートから風景撮影まで幅広いシーンをこなしてくれます。キットの望遠ズームなどはじめは手頃なレンズからスタートするものですが、一度良いレンズを手にしてみると描写の違いに驚くはず。望遠ズームレンズは、少し背伸びをするのにぴったりのカテゴリです。

この雰囲気は望遠でなければ撮れません。テレ端・開放でもこの描写。絞り込んだ時に比べればシャープさは失われますが、霞がかった空気の質感も感じられて、ゆっくりと海辺に漂う時間を上手く表現できたと思います。このふたりの日常に、色々と思いを馳せてしまいますね。

こちらもテレ端・開放。200mmのワーキングディスタンスで、警戒心の強い被写体ともじっくり対峙することができます。距離が近づくにつれて被写界深度も薄くなり、背景を溶かすような表現も可能。・・・とはいえなかなか笑顔をくれません。よい写真を撮るにはコミュニケーションが大事です。

水を物ともせず御輿を担ぐ、男たちの勇壮なワンシーン。標準域のレンズでは撮れない距離で、本レンズが活躍します。
それにしてもいい顔ですね。見るだけでなく、参加してみたいものです。

今日もまた、日が暮れていきます。
明日もまた、明日にしか撮れない光景が待っていることでしょう。写真って本当に面白いですね。

( 2014.05.13 )

Loading..

Loading..

いかにもよく写りそうな前玉。質感の高い白い鏡胴。玄人を唸らせるGレンズの風格を、しっかり備えています。新しい世界を見せてくれる1本をどうぞ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

良いレンズです。プロテクターは最初からどうぞ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..