SAL50M28 50mm F2.8 Macro

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ

キットズームレンズから一眼レフをスタートして慣れてきた頃、いや、目が肥えだしてきた頃に、短焦点レンズの存在が気になりだすものです。そこでまず候補の筆頭に挙げられるのが、標準レンズと言われている50mmになるでしょう。通常の50mmなら最短撮影距離は45cm付近。ところがこちらはマクロレンズですから等倍まで寄れるので、表現の幅が広いわけです。なんといっても絞り開放からシャープな像を結ぶのは痛快そのもの。美しいボケ味も見ものです。と、ここまで言われたら“MACRO”の文字が付いた50mmの写り、じっくりと見届けないわけにはいきませんよね。

( 写真:T.Takahashi / 文:KIMURAX )

まずは中距離から、絞り開放にて。流れが止まっているかのように見える川べりに生い茂る緑。水面への映り込み。そして藻にびっしりと覆われた水中に伸びる根。ちょっと不思議な3層の被写体ですが、それぞれがきちんと分かるというのは解像度が高いからにほかなりません。見つめるほどに、なんだか吸い込まれそうな気配すら漂ってきます。

続いては遠景にて。実にシャープな像を結びます。シャープですが、決してカリカリではないのがいいですね。絞り開放で周辺光量が低下するのが本レンズの癖ではありますが、ご覧のように絞れば解消します。

横に走るワイヤーに注目すると、ピントピークからデフォーカスエリアへとなだらかに連なっていく様がよくわかります。絞り開放からマクロレンズらしい切れ味。色乗りもしっかりとしており、メリハリが効いた描写です。

そろそろマクロ撮影のカットを。絞り開放でも十分にシャープなのですが、絞り込むことでさらにシャープさを増していくので、ファインダーを覗いているだけでゾクゾクしてきます。こういう画がお望みという方は分大勢おられることでしょう。さぁどうぞ、心行くまでお楽しみください。

最短撮影距離は20cmと寄れるので小回りが利き、テーブルフォトにも重宝します。お皿の白さもペタンと平面にならずに、品を感じさせる階調表現。そこに盛り付けられた食材の色調とコントラスト。まるで美味しさまで写し込んでいるようです。



店先でガラス越しに捉えたカットですが、スニーカーの素材感まで伝わってくる描写です。右端のコンクリートの質感はリアルそのもの。撮影中にはさほど気にしていなかった存在に、PC確認で気づかされることもしばしばです。

実によく光をうまく捉えてくれるレンズですよね。ハイライトからシャドーに向かって路面の表情も精細に描き込んでいます。

曖昧な形こそ、よく切れてヌケのよい描写でなくては捉えきれません。木漏れ日のスポットライトを浴び、躍動しながら落ちて行く姿を一点集中で写し止めました。自分の足そして身体全体を使いながら、絞り開放のスイートスポットで捉える。なんと贅沢な時間でしょう。本レンズは、F2.8クラスの標準ズームレンズよりも大きなボケを添えることができるので、新しい絵筆としてきっと活躍してくれることでしょう。

Loading..

Loading..

シャープな標準レンズをお求めの方におすすめです。ご覧の通り寄れるだけがこのレンズのうまみではありません。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

安心の純正品。SONYの保護フィルターはCarl Zeiss T*コーティングです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..