OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/8000, F3.2, ISO 100, Photo by T.Takahashi

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ

オリンパス、マイクロフォーサーズ用フィッシュアイレンズが、なんとPROシリーズから登場です。PROシリーズの特徴である防塵、防滴性能や堅牢性を備え、さらにスーパーHRレンズ、EDレンズなどを贅沢に使い、ゴーストを徹底的に排する「ZEROコーティング」など画質については折り紙つき。レンズ中心部の描写はもちろん、周辺部まで像が流れることのないすばらしい解像力です。そしてなんと言ってもこのレンズの最大の特徴は、フィッシュアイでは世界初となるF1.8という大口径です。フィッシュアイレンズでは開放値がF2.8もあれば十分明るいレンズとされていますが、それに比べ絞りにして1段以上明るい本レンズは、これまで見た事のない世界を写し出してくれます。また、最短撮影距離は12cmと短く、被写体にレンズが触れんばかりのところまで迫ることが出来るので、フィッシュアイレンズとは思えないボケを生み出します。フィッシュアイ独特の広い視野と歪曲の世界に、寄れる楽しみも加わったフィッシュアイレンズ、かなり楽しめそうです。

( 写真 / 文:T.Takahashi )

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/125, F3.2, ISO 200, Photo by T.Takahashi

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/5000, F3.2, ISO 200, Photo by T.Takahashi

ガラス越しに捉えた風景は何か小宇宙のような世界が広がります。歪曲のデフォルメを生かした表現がフィッシュアイの楽しみ方ですね。周辺光量も不足することなく球体へどんどん丸呑みしていきます。

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/800, F1.8, ISO 200, Photo by T.Takahashi

かわいい子犬にぐっと寄ってみました。一本一本の毛まで細かく描写し、その背景は柔らかくボケているという、何ともユーモア溢れる写真になりました。フィッシュアイ独特の歪曲によって、ワンちゃんのとぼけた表情が強調されたようで思わず微笑んでします(笑)。

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/100, F3.2, ISO 200, Photo by T.Takahashi

F1.8の開放値は、5軸手振れ補正機構を搭載したボディと組み合わせることで、暗いシーンでも手持ちで迫力のある夜景を撮ることが出来ます。拡大して見ても周辺部まで像が流れることなく見事に解像していますので、遠景でも開放を積極的に使っていけるでしょう。

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/60, F1.8, ISO 1000, Photo by T.Takahashi

暗いバーでボトルラベルにぐっと寄ってみました。ピント面からアウトフォーカスにかけスッと像がぼけていきます。背景のボケ玉も柔らかく驚くほど楽しい表現が生まれました。引けばパンフォーカス、寄れば大口径のボケ味。何とも使い出のあるフィッシュアイです。

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/100, F6.3, ISO 200, Photo by T.Takahashi

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/60, F4.5, ISO 1250, Photo by T.Takahashi

暗い竹林の中、絞りは4.5までしか絞っていませんが手前から奥まで見事なまでに描いています。露出はややアンダー気味に撮影しましたが暗部の階調も申し分ありません。

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/3200, F2.2, ISO 200, Photo by T.Takahashi

フィッシュアイレンズと言えば独特の歪みを生かしての表現が楽しさではありますが、この強烈な超ワイドの世界を、歪むことなく捉えたくなるときもありますよね。オリンパスの専用画像処理ソフト「OLYMPUS Viewer3」(バージョン1.5)の「Fisheye補正」を利用することによって、下のカットのような歪曲のない写真に仕上げる事が出来ます。もちろん周辺は引っ張られて画像が多少流れてしまいますが、フルサイズ換算で11mm相当の超ワイドな写真が後からでも手に入るとなるとまさに一粒で二度美味しい状態ですね。

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/3200, F2.2, ISO 200, Photo by T.Takahashi

OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO, 1/1250, F8, ISO 200, Photo by T.Takahashi

PHOTO YODOBASHI

M.ZUIKO PROシリーズで登場したフィッシュアイレンズは、コンパクトな鏡胴で手にもしっくり馴染む質の高い造りです。ご覧頂いた通り中央部から周辺に至るまで高い解像力を保ち、クリアでシャープな像を結びます。またF1.8という大口径ながら開放から描写性能が素晴らしく、被写体に迫った時の立体感とボケ味はフィッシュアイレンズである事を忘れてしまいそうなスーパーボケレンズの写りです。さらにOLYMPUS Viewer3を使うことで歪曲を無くした超広角レンズとしての表現も出来、なんとも使い出があります。フィッシュアイと一言で片付けられない、いくつもの可能性を秘めた魅力たっぷりの当レンズ。ぜひ手にして新しい表現を見つけてみませんか。

( 2015.07.17 )




Loading..

Loading..

EDレンズを用いたPROシリーズの贅沢フィッシュアイ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

水平垂直が気になる方は、ホットシューに装着できる水準器をどうぞ。三脚仕様時は重宝します。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..