Nikon AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 | ニコン1用 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ | シフト | ニコン1用

400mmという焦点距離は、普段見ているのとはまったく違う光景を写し出してくれます。迫力を伴って圧縮された風景や、表情だけを大胆に切り取ったポートレイト。去り行く飛行機や鉄道を遠くまで追いかけることもできます。80mmまでズームリングを操れば、目で何かを見つめたときくらいの、日常の感覚を再現してくれる画角にまで戻ることも可能。これほど変幻自在に見る世界をスイッチしてくれるレンズだなんて、考えただけでワクワクしませんか。望遠ズームと言えば憧れの 70-200mm F2.8 のようなレンズで極薄のピントを楽しみたい、といったニーズもあるかと思いますが、画角の面で言うと 200mm では寄り切れないシーンは意外と多いものです。あるいは 70-300mm F4-5.6 あたりも十分に満足させてくれるのですが、300mmの画角からもう一歩踏み込んだ潔さと、画面の外側を想像したくなるようなフレーミングの自由度を、本レンズはもたらしてくれます。

評価の高かった前モデルに、載せてほしかった機能がきれいに盛り込まれました。一度味わってしまうと手放せないくらいに恩恵を感じられるVR(手ぶれ補正)は、4段分ものシャッター速度をサポートしてくれます。そして望遠ズームとなるとレンズの枚数も多くなり画の抜けが心配されますが、ナノクリスタルコーティングが施されたことで、より素晴らしい描写性能に。さらに「クラス最高レベル」を謳うだけのことはあると納得のいく、ストレスフリーなAF速度。80mmから400mmまで縦横無尽に行き来できることの便利さに、これだけの機能が搭載されたことで、本レンズは他に代え難いものに仕上がっています。

( 写真:A.Inden / 文:Y.Moriki , K )

テレ端が400mmとなると、圧縮効果でかなり遊べます。街中のスナップであれば標準域の画を見慣れているわけで、ファインダーを覗いてるだけで楽しいものです。それは撮影したカットを見る人にもそのまま当てはまる話で、ちょっとマンネリ気味だなあというときに望遠ズームをマウントすると新鮮な気分で撮影ができると思います。テレ端・開放での撮影ですが、後ボケに実に雰囲気がありますよね。

先代のレンズは、開放付近で撮影すると若干甘さがあったのですが、流石にデジタル時代に設計・リリースされたレンズだけあって、開放から猛烈にシャープ。また、ギミックてんこ盛りでレンズの構成枚数もかなりのものですが、この抜群のヌケの良さ。艶めかしいボディラインの手触りまで伝わりそうです。

シャープなレンズというのは、どうしてもボケ味が固くなりがち。一昔前はそのあたりトレードオフとされてきたのですが、最近はどんなレンズも呆れるぐらい両立しているのですから、あっぱれとしかいいようがありません。ボケに嫌な輪郭も無く、かといってベタっとボケるのではなく、適度に量感があり、丸みもあります。ポートレートなんかで使っても、かなり期待できそうな写りですね。

こちらも開放での撮影です。こちらのカットの方が、シャープさとボケ味がよくわかりますね。ドアの質感再現など本当に見事です。ボケも、ただ綺麗にボケればよいというものではなくて、ボケていても被写体がどのような形をしているのか、この雰囲気を失わないことが大事なのではないかなと感じます。

 

ほんの少し絞り込んで。画面全体均一に更にシャープさを増します。しかし、確かに開放よりもシャープさは増すのですが、その差は殆ど無いと言っていいぐらいです。JPG撮りっぱなしの画を単に縮小しているだけなのですが、なにせシャープすぎてエッジラインにシャギーが出てしまうのです。

望遠の画とは「時」が写り込むと思うのです。いろんな要素がぎゅっと凝縮して写り、写り込む範囲も大変狭くなるため、メインとなる被写体の導線を見る人が連想しやすいですよね(それ故にメインの置き所はピンポイントになりますが)。このあたりを頭においてフレームすると本当に愉しいのが望遠レンズだと思います。

 

圧縮効果を利用したり、望遠独特の画面構成も愉しいのですが、遠くの物をその場から引き寄せて画面整理できるメリットもありますよね。しかしよく写ります。靴の立体感も見事なものです。

 

作例解説の際に記しましたが、さすがにデジタル時代・持て余すほどの高画素化の中でリリースされるレンズです。70-300mmあたりに比べれば値がはりますが、その価格だけの写りは当然あります。また、この1本だけで大半の望遠ニーズは満たされるでしょう。しっかりした望遠が欲しい、もっとユースフルで写りもしっかりしたのが欲しい、そんな人にもれなくおすすめの1本でしょう。

Loading..

Loading..

旧型をお持ちの方にも、待ちに待ったリニューアルではないでしょうか。光学性能と使い勝手の向上は明らか。望遠好きには外せない選択肢です。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

焦点距離を1.4倍にするテレコンバーター。112mm-560mm相当の使い勝手となり、望遠レンズとしては怖いものなし。本レンズとの組み合わせならAFも利きます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

大切なレンズを守るプロテクター代わりに。ご一緒にどうぞ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

日常のスナップから風景撮影まで、PLフィルターは何かと重宝します。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..