AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 | ニコン1用 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ | シフト | ニコン1用

レンズ設計とは、画質至上主義で行えばとんでもなく大きく重いレンズになってしまうことでしょう。F2.8通しのズームを尻目にF4通しを選択する。何の引け目も感じる必要はありません。むしろサイズもプライスもコンパクトになり、設計に大きな無理もなくなるため、昔から1段暗いレンズの描写はどのメーカーでも良好だったりするものです。どんなスペックのレンズでもそうですが、レンズの選択は撮影目的によって行われるのが基本だといえます。デジタル時代になって現場で自由に感度を上げられるようになり、フイルムの時代に比べれば暗めのレンズを積極的に選択できるようになりました。また本レンズは手ブレ補正機構も搭載されているため尚更イージーに撮影が可能です。さて、インプレッションですが、非常に色のりが良く、高コントラストでキレのある画を結びます。とにかくシャープな印象で、比較的コンパクトであることも手伝って、どんなシーンでもこの1本をカバンに放り込んでおけば重宝すること間違いなしです。16mmスタートなため、引きの効かない空間での撮影、もちろん都市光景などの街撮りや風景撮影などでダイナミックな画をおさめることができます。写りは間違いなく一級品で、手に入れれば積極的に外に持ち出したくなる1本でしょう。

(写真:J.Abe , K / 文:K )

竹富島は年間を通じて、あまりパキッと晴れ渡ることが少ないのですが、ロケ日もまずまずといった天候。それでもブーゲンビリアの色、空の色、確実に竹富の色を再現してくれました。

ワイド端にて撮影。いまでこそ16mmより広角のレンズが存在しますが、これぐらいの画角になるとさすがにモノにするのは難しいのですが、12mmや14mmに比べて、大胆に振っても極端すぎるパースはつきません。ぜひガンガン振り回して撮影してみてください。

フィルターワークあってこその空の色ですが、それでも元々の色のり自体が「こってり」系。F22まで絞り込めば回折も出てきますが、十二分にシャープな像です。

Loading..

Loading..

現行のラインナップにも存在する、18-35mmのような色のり。ニコンのフラッグシップレンズより1段暗いラインナップは昔から良いレンズが多いのです。ぜひ超広角の世界へ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

超広角には薄型のフィルターをご利用ください。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

この色のりにPLを用いると、本当に真っ青な空がそれ以上に写ります。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..