Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/500, F8, ISO160, Photo by T.Nakanishi

1 Nikkor 10mm f/2.8

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 | ニコン1用 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ | シフト | ニコン1用

非球面レンズ、EDレンズ、高屈折率レンズなど、贅沢な硝材が用いられている高倍率ズームレンズです。35mm判換算で27-270mm相当の画角となる10倍ズームながら、沈胴時の全長はたったの約7cm。手ブレ補正機構(VR)を搭載しながらも手のひらに乗ってしまうコンパクトさ。金属性ズームリングの視覚的な上質感とも相まって、凝縮された塊感とでも申しましょうか、ずしっとくる確かな手応えを感じます。解像力は強いて言えばワイド側がより優れているという印象ですが、ズーム全域に渡ってしっかりとした像を結ぶあたり、さすがと言わざるを得ない1本です。この画質をもって広角から望遠域までをカバーし、ちょっとしたマクロ撮影までもこなせてしまうとあって大変便利。もちろんボケ味も美しいですから、このレンズを使い出したら他のレンズの出番が減っちゃうかも知れませんよ(笑)。

( 写真:T.Nakanishi / 文:KIMURAX )

Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/200, F5.6, ISO160, Photo by T.Nakanishi

傾いた日が徐々に畝へと影を落としはじめ、のどかな光景が染められていきます。トラクターが巻き上げた土ぼこりが連なってくれたおかげで、大地一帯にそこはかとなく漂っている穏やかな空気感までもが写り込んでいるようです。

Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/160, F5.6, ISO160, Photo by T.Nakanishi

テレ端、開放にて。これから手を広げようとしている葉先から、茎に密集する毛のようなものまで緻密に描き込んでいます。ボケには自然な柔らかさが感じられますね。高倍率ズームながらなかなかヌケのよい画で、好感が持てます。

Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/200, F5.6, ISO160, Photo by T.Nakanishi

ちょうど中間あたりの焦点距離です。半段ほど絞っていますが、ほんのりボケた背景から、カラカラに乾いたマツボックリが浮かび上がってくるように感じるほどに解像感はたっぷりです。

Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/30, F5.6, ISO400, Photo by T.Nakanishi

寄りのカットが続きますが、ウエットな質感の描写はいかがでしょうか。曇ったガラス面を流れてきた汗の"プルンッ"とした感じまでもよく伝わってきますよね。こちらも中間域ですのでボケは大きくならないものの、かえってその控えめな量がこのシーンにはピッタリだと思うのです。

Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/200, F5.6, ISO160, Photo by T.Nakanishi

ワイド端の開放絞り値がF4ということもあり、高倍率ズームとしてはよく解像してくれるレンズです。こちらのカットは1段絞りましたが、さらによくなるという印象。画面周辺では樽型の歪曲傾向がありますが、ズーム域を考えれば納得、というより標準的なレベルと言えます。むしろこの広角域を活用できる場面が多々あることの方が重要です。

Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/800, F5.6, ISO160, Photo by T.Nakanishi

黒は黒でも光りの加減で黒ではなくなります。羽根のもこもこした立体感から、丸みを帯びた手すりの形状までもきちんと再現しています。

Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/320, F5.6, ISO160, Photo by T.Nakanishi

かなり距離はあるものの、隅々まで丁寧な写し込みがなされています。おかあさんの仕事ぶりをまるで象徴しているかのようです。

Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/125, F8, ISO160, Photo by T.Nakanishi

全域で開放からよく写るので、開放寄りの画がずっと続いてしまいましたが、絞るならF8あたりまででしょうか。照らし出された畝の先にご注目ください。土の一粒一粒までハッキリとまではいかないものの、粒状感はなかなかよく出ております。

Nikon 1 V2, 1 Nikkor VR 10-100mm f/4-5.6, 1/2500, F5.6, ISO160, Photo by T.Nakanishi

駆け足で作例カットを見てきましたが、よくぞコンパクトな高倍率ズームレンズに、これだけの描写性能を凝縮してくれたものだと感心させられました。ぐいぐいズームできて、これだけ気持ちのいいカットがモノにできるのですから、これ1本さえあればノープロブレム。とますます本気で思ってしまうのです。

( 2014.08.20 )




Loading..

Loading..

全長約70mm、重さ約300gのレンズに10倍もの高倍率ズームレンズを凝縮させました。フルサイズやAPS-Cのような大きなボケはありませんが、ニコン1には圧倒的な機動性がありますよね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

これ1本あればいい、なんて思ってしまうほど便利なレンズです。フルサイズ換算27〜270mmですから、旅行などで大活躍。ボディーカラーに合わせてコーディネートしてください。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ブラック・ホワイト・シルバーの3色展開のうち、こちらはシルバー。同じデザインでも色で印象は違いますね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

専用フードは別売となっています。フードを付けておくとレンズの先端を守ってくれますから、セットでのご購入をお忘れなく。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..