SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ | シフト

F2よりもさらに明るい開放値が、単焦点レンズだけの特別な数値だったのは過去の話し。キヤノンEFマウント用の本レンズは、"開放F1.8通し"というスペックを持つ大口径ズームレンズです。35mm判換算で約80-160mmの中望遠相当の画角をカバー。85mm、100mm、135mm相当の中望遠域をこの一本でまかなうことができるのも大きな魅力です。もちろんズームレンズですから、この焦点距離域を連続的、無段階に行き来することができ、より自由な構図、画作りを行うことができるでしょう。特に中望遠域では、背景をぼかし、被写体が浮かび上がるような画を撮りたいと思うものではないでしょうか。F1.8という開放値なら、そんな表現意欲にもしっかりと応えてくれるはずです。しかもArtラインのレンズですから、その描写力に期待も高まりますよね。さっそく外に持ち出して撮影してみましたので、まずは作例を見て頂きましょう。

( 写真 : Z II / 文 : Rica )

Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art, 1/400, F2.8, ISO 100, Photo by Z II

少し絞ってF2.8での撮影です。岩肌、細かな葉の描写、そして船のディテールまでしっかりと、リアリティを持って描き分けています。これがシグマArtラインのレンズの実力です。

Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art, 1/100, F1.8, ISO 100, Photo by Z II

こちらは開放F1.8です。いかがですか、紙垂(しで)の立体感と質感の表現力!背景は緩やかに、そして自然にボケていき、空間の奥行きを感じることができる描写です。涼やかな空気感まで伝わってくるようですね。

Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art, 1/2500, F2.2, ISO 100, Photo by Z II

愛らしいネギのつぼみ一つひとつを、みずみずしく描いてくれています。背景の桜やその枝ぶりなども、自然でありながら芯のある絶妙なボケ感です。空の青も白とびすることなく、ほんのりと青味を残しています。

Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art, 1/1000, F1.8, ISO 100, Photo by Z II

撮影をしながら歩いていると必ず出会うネコ。撮りたくなってしまう被写体のひとつですよね。50mm付近で気持ち良さそうに休憩中のところをそっと撮影してみました。毛並みの質感再現、見事だと思いませんか?開放F1.8での撮影ですから、背景からフワっとネコが浮き上がってくるような、立体感のある画になっています。

Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art, 1/160, F2.2, ISO 100, Photo by Z II

Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art, 1/1250, F2.8, ISO 100, Photo by Z II

テレ端でF2.8に絞って撮影しました。シグマのレンズ全体に言えることですが、こういった高周波な被写体の再現力の凄みが「らしさ」のひとつ。ピントピークのキレはすさまじく、葉や茎のひとつひとつが背景から浮き上がって見えます。

Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art, 1/2500, F1.8, ISO 100, Photo by Z II

最短撮影距離は95cm。ギリギリまで被写体に寄り、ズームリングをテレ側に回せば、植物や小さな被写体をマクロ的に撮影することができます。こういった使い方ができるのも中望遠域ならではの魅力です。

Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art, 1/1250, F1.8, ISO 100, Photo by Z II

ネコの透き通った目、細やかな毛の一本一本が、自然なボケのなかに際立っています。ズームリングを回して被写体を引き寄せ、お互いに無理のない距離感で撮影できるのもいいですね。

Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art, 1/200, F1.8, ISO 200, Photo by Z II

夕暮れどきの街で、道行く人々をスナップ。女性の柔らかなストールに思わず手を伸ばしてしまいそうなリアリティです。背景の点光源もきれいな玉ボケとなり、街の華やかさを演出しています。

単焦点レンズの意味を問う、超高画質ズームレンズ

高い光学性能、そして表現力を追求したArtラインのAPS-C用大口径ズームは、「18-35mm F1.8 DC HSM | Art」に続く2本目のラインナップとなります。作例をご覧になって頂いた通り、ズームレンズとはいえクリアでヌケもよく、シャープな「シグマらしい」描写。焦点距離域は50-100mm、光学2倍とズームレンジこそ低いものの、ポートレートはもちろん、グっと被写体に迫ったマクロレンズ的な使い方で楽しむこともできます。中望遠域は自分自身が撮りたいと思った被写体を画面のポイントとなるよう構図し、背景を整理しやすい画角です。ファインダーを覗き、ズームリングを回して、撮りたいと感じたら、その気持ちに素直にシャッターを切ってみましょう。ただそれだけで、その場の空気をも包み込むような画を生み出すことができるはずです。テレ端は160mm(35mm判換算)ですから、遠景の撮影では絞り込んで切れ味鋭いシャープな画質を堪能するのもいいですね。Artラインの本レンズは、高い描写性能を実現するために蛍石と同等の性能を持つFLD("F" Low Dispersion)ガラス3枚、SLD(Special Low Dispersion:特殊低分散)ガラス1枚、高屈折率SLDガラス3枚、高屈折率高分散ガラス1枚を採用。大変贅沢な作りとなっており、ズームレンズでこれだけの描写力が得られるとなれば、単焦点レンズを持つ意味をあらたに問い直さなければならないでしょう。ただ、中望遠域の単焦点レンズ3本分をカバーするとあって、実際に持ってみると確かにズッシリと重さを感じる1,490g。重量級のレンズですから、じっくりと撮影をしたいときには三脚をご使用下さい。手ブレ補正機能は有していませんが、1カット1カットを丁寧に撮ろうと思えば大きな問題ではありません。さて、これでもまだ購入を迷っているなら、例えば純正の中望遠単焦点レンズ3本を購入したときの価格と重量を想像してみましょう。シグマなら1本でこの描写、この価格。いかがですか?このレンズがカメラバッグの中にあったなら、きっと幸せな気持ちになりますよ。



( 2016.12.13 )




Loading..

Loading..

高倍率ズーム全盛の中、2倍に抑えることで手に入れた全域開放F1.8の驚くべきスペック、そしてArtラインらしい極めて高い光学性能は、これまで持っていた「ズームレンズ」のイメージひっくり返すインパクトがありますね。歴史に残る1本、いかがでしょうか。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

フィルター径は82mm。高性能レンズには信頼性の高い保護フィルターをぜひ。ガラスの強度はもちろん、帯電防止機能も備えているので、いつでもクリアな状態を保てます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

これだけの高性能レンズですから、ピントの精度はより高めておきたいものです。細かなチューニングをすることができるので、ぜひこの機会に併せて購入しましょう。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

少々重たいレンズには三脚があると便利です。小型で堅牢性も高いジッツォのトラベラー、おすすめです。ローアングル撮影をより快適にするショートポールも付属していますから、さまざまなアングルでの撮影もお楽しみいただけます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..