Canon EOS 5D Mark III,SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art, 1/2000, F1.4, ISO 200, Photo by T.Nakanishi

SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ | シフト

シグマArtラインに属するレンズはどれも個性的で、使い手を虜にする魅力があります。便利だとか、使い勝手が良いだとか、そういったことは当たり前のこととして、まったく新しい価値基準で設計されたシリーズ。それがArtラインのレンズなのです。そして気がつけば、このArtラインには開放F1.4のラインナップが増えていることに気づかされます。近い将来、これらを総称してF1.4シリーズと呼ばれる日が来るのも近いかもしれませんね。そんな前置きはさておき、そのF1.4シリーズに、キヤノンEFマウント用の超広角20mmが追加されました。フルサイズ対応の20mmでF1.4という明るさは、世界初。そう、このレンズは世界でただ一つの存在として鳴り物入りで登場したというわけです。果たして超広角レンズでF1.4の効果をどれくらい実感できるのか、そして世界初に挑んだシグマ社が目指したものとは。そのあたりを探るべく、このレンズ1本でフィールドに飛び出してきました。じっくりと作例をご覧ください。

( 写真 / 文:T.Nakanishi )

Canon EOS 5D Mark III,SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art, 1/5000, F4.0, ISO 100, Photo by T.Nakanishi

20mmという画角は想像以上に広い範囲を飲み込んでしまいます。言い換えれば、油断をするとラフな画作りになってしまうレンズ、とも言えます。しかしながら、この画角ともなれば、思い切って全てを包み込んでみるのも一興。小難しいことを考えず、出会った光景を全部描いてみる。あとは、このレンズがたたき出してくれる、絶妙の立体感を伴った描写力に身を委ねるのみです。

Canon EOS 5D Mark III,SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art, 1/640, F2.0, ISO 100, Photo by T.Nakanishi

超広角ということを考慮すれば、かなり逆光に強いレンズだという印象です。時折ゴーストが見られることもありますが、コントラストの低下もなく、クリア感はキープされているので、さほど気にする問題ではないでしょう。

Canon EOS 5D Mark III,SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art, 1/1600, F1.4, ISO 200, Photo by T.Nakanishi

被写体との距離は数十センチといったところでしょうか。超広角レンズなのに、このピントピークが浮かび上がる感じには驚きを隠せません。ともすればフラットになりがちな画角である20mmにもかかわらず、ですからね。これがシグマの表現したかったF1.4の世界なのでしょう。思わずドキっとしてしまいました。

Canon EOS 5D Mark III,SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art, 1/250, F1.4, ISO 100, Photo by T.Nakanishi

F1.4という明るさは、撮影時間に対する観念を大きく変えてくれました。もうあたりはすっかり薄暗くなっており、通常のズームレンズならばかなり厳しい条件。しかしながら、このレンズではまったく問題のないシャッタースピードが得られるので、手持ちで小気味よく撮影が続けられるのです。そして、どこまでもシャープ。偶然横切った鳥の姿形までも捉えているのですから。

Canon EOS 5D Mark III,SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art, 1/8000, F1.4, ISO 100, Photo by T.Nakanishi

広く捉えつつ、大きくボケる。これまでのレンズでは考えられなかった世界観が描かれています。世界初となるレンズを登場させるためには、相当な苦労があったと思われますが、まさしくこんな画を見せるためだったのかと想像すると、なるほどと思えてくるのです。

Canon EOS 5D Mark III,SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art, 1/1250, F1.4, ISO 100, Photo by T.Nakanishi

Canon EOS 5D Mark III,SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art, 1/125, F8, ISO 200, Photo by T.Nakanishi

開放から当然のごとくシャープに描くレンズですから、絞り込めばもう言わずもがなですよね。小さな紅葉の葉脈まで確認できそうなほど、リアルに描いています。

Canon EOS 5D Mark III,SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art, 1/8000, F2.0, ISO 200, Photo by T.Nakanishi

太陽を入れ込んだ厳しい条件にもかかわらず破綻は全く見られません。トーンのつながり、コントラスト、シャープネス、どれをとっても申し分のない仕上がりです。

PHOTO YODOBASHI

レンズキャップを外した時にまず目に飛び込んでくる大きな前玉。これを見た時に、間違いないな、と感じました。大口径であるためにどうしても筐体は大きくなっていますが、ボディとのバランスは決して悪くはない印象です。なにより、きっと良い画が撮れる、と思わせてくれるレンズなんて、そうそう出会えるものではありません。現実に、F1.4が生みだす大きなボケや立体感は、20mmという画角では他に選択の余地はなく、このレンズが唯一無二なのです。それだけでも我々撮り手はワクワクし、新しい世界への想像が膨らむではありませんか。これまで描けなかった画が撮れる。カメラもレンズも大量に存在する現代において、これほど驚きと期待に胸躍らせることができるレンズはあったでしょうか。とにかく手に入れて、そして体験してみようではありませんか。



( 2015.11.26 )




Loading..

Loading..

このスペック、この写り。期待以上の描写力が得られる本レンズ。虜になること間違い無し。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

レンズのファームウェアの更新や調整を行えるUSB DOCKです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..