EF50mm F1.2L USM

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ | シフト

その昔、人の瞳と同じ明るさ「F1.0」というレンズがキヤノンには存在しました。EOSの大きなマウント口径あってこそ実現したレンズでしょうけれど、現在は残念ながらラインナップされていません。そして満を持して登場した本レンズは、F1.0のような強いクセは無く、絞り開放から大変良好な像を結ぶ素晴らしいレンズとなりました。大口径の魅力は「魔力」と言ったほうがいいかもしれません。人の目では見ることの無い大きなボケの世界は、どう撮ったって、何を撮ったって新鮮でドラマティックです。だからこそモノにするのは難しいかもしれない。大口径で大口径を意識させない写真が撮れたとき、その時を想像するだけで奮い立つ、挑戦しがいのある世界ではないでしょうか。

(写真:A.Inden / 文:K )

さすがにF1.2、そうそう写るまいと粗を探しても、開放から実に良好な描写。デジタル一眼レフの世界に入り込んでくる人たちは、この大きなボケに魅せられて手にするのでしょう。世界が変わります。ぜひ自分のものにしてください。

ピントピークからなだらかに、溶けるように。現実にはこうは見えませんが、だからこそ面白い。前ボケも後ボケもバランスのとれたボケ味です。

大口径の魅力は、そのボケの大きさだということは疑いようもありませんが、大胆に背景を処理できるのが大きなポイントの一つでしょうか。被写体だけをグッと捉える。85mmほど切り詰め感は無く、50mmが持つ適度に緩い画角が、ありのままに人を捉えてくれます。

Loading..

Loading..

ボディ1台に、これ1本。そんな潔さが格好良くありませんか? ・・・と思って手にしても、レンズ沼の入口ですから十分にお気をつけて。ズームでは味わえないこの世界、ぜひ体験してみてください。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ハイ。どうしても絞り開放で撮りたいですよね。NDフィルターを置いておきましょう!

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

失礼いたしました。こちらが保護フィルターにございます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..