EF24-105mm F4 L IS USM

[ズーム] 広角 | 標準 | 望遠 | 高倍率 [単焦点] 広角 | 標準 | 望遠 | マクロ | シフト

キヤノンユーザーの皆さんが、最初に「 L 」レンズ で手に入れたくなるのが、この1本ではないでしょうか。ズーム全域でF4と固定ながら控えめなスペック。しかし、F2.8通しには無いIS(手ブレ補正機構)が搭載されています。高感度特性のよい昨今のデジタルカメラにおいて、開放F値の暗さは高感度へシフトすることで対処可能であり、かつ、強力な手ブレ補正機構が搭載されているため、実際の撮影で困るようなことは殆ど無いと言えます。テレ端が105mmと長めなのが、フラッグシップのF2.8通しに対してのアドバンテージ。レンズ交換の頻度がかなり減ります。これが有り難いのですよね。ズーム全域において大変にシャープな像を結び、ボケ味もそつなく良好。必携の1本ですね。

(写真:T.NAKANISHI , A.INDEN / 文:K )

ハイエストライトからディープシャドーまで、かなりの輝度差がありますが、ボディの特性を差し引いても見事な階調表現力です。ISO800・1/320という感度とシャッター速度選択ですが、手ブレ補正機構を考慮するとテレ端での撮影も安泰でしょう。

F16まで絞り込んでの撮影。葉の一枚一枚までビッチリ、キレのある解像。風景撮影にも重宝するレンズです。

画面の隅々まで、全く破綻が見受けられないこの描写。便利で使いでのある焦点域で、手持ちでもガンガン行ける。
ありがたい1本です。

 

ボケ味のチェック。さすがにF2.8クラスのズームほど大きなボケは得られませんが、ボケ味自体は芯があって柔らかさの感じられる好ましいものです。これ以上大きなボケを望むなら、単焦点大口径をプラスするとよいかもしれませんね。

Loading..

Loading..

最強の標準ズームかもしれませんね。Lレンズにしてはリーズナブルなところも見逃せません。Lレンズデビューの最初の1本に。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

前玉の保護にぜひ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..