DXフォーマットの革新  |  Nikon D7100 SHOOTING REPORT

ニコンのDXフォーマットにおけるフラッグシップカメラ、D7000の登場から約2年半の時を経て姿を見せたD7100。大幅な画素数アップ(1620万画素から2410万画素へ)とローパスフィルターレスという仕様を冠しての登場に、期待は膨らむばかり。DXフォーマット(所謂APS-C)に2400万画素という高画素のセンサーを詰め込んだ事で、ダイナミックレンジが低下したりノイズがのり易くなったのではないかという悪影響を考えなくもないのですが、前機種リリースからの時の隔たり分の進化とD7000の後継機であることでやはりよい方に想像してしまうわけです。加えてローパスフィルターレスになったことで解像度がどの程度上がっているのか、というところには目を輝かせながら期待してまして。。。果たしてその写りや如何に。

( 写真 : T.Takahashi / 文:Y.Moriki )

960ピクセルの画像でもお判りいただけるでしょうか。壁面のテクスチャ、煤けた汚れやヒビといったディテールを細かく描写。そして陰に向かって落ち込んでいくグラデーション。如何でしょう、この再現性。

モアレが出たり出なかったりというのはローパスフィルタの有無だけではなく、センサーの画素ピッチと被写体の周波数との関係に大きく依存するので、この画像に出てないから他の被写体でも大丈夫、という事ではありません。とは言え、見事な布の質感描写です。ほんのりと日が当たっているところがあることで、店の雰囲気がとても暖かく、優しく感じられます。

ハイコントラストなシチュエーションで、アンダー目に振ってのカット。実寸で観ると、葉の中に僅かに偽色めいた色浮きを感じるのがちょっと残念ですが気になるほどではありません。むしろハイライトからシャドウへの見事な階調表現に脱帽です。

彫り込まれた像の凹凸から石本来の微細な穴まで、目線を大きくしても小さくしても、まるで触れているかのように、像の存在を目の前に感じるられるようです。

D7100では、先ほども触れたように前機種から大幅に画素数をアップしつつ、D800Eからの「ローパスフィルターの影響を減らす」流れも汲みながらさらに発展させ、ローパスフィルターレスになっています。高画素化で解像力は必然的に上がりますが、さらにローパスフィルターを配置しないことで、さらに尖鋭度が上がります。しかし、限られたセンサーサイズの中にD800Eよりも1画素のピッチが小さな高密度なセンサーを組み込んでいるので、階調が損なわれたり、ノイズがのり易かったり、という負の要素も少なからずあると予想していました。やみくもに画素数が上がれば良いというものではないのです。そこが撮影前の不安まじりの期待だったわけですが。。。蓋をあけてみると、見事な階調特性、なだらかなグラデーション、そして目の覚めるような解像感。ときには深みやコクといった「味」まで感じさせてくれる画像に驚きながらの撮影でした。元来解像度が高いと評されてきたニコンのレンズですが、D7100のセンサーによってその実力を遺憾無く発揮できるようになった、そんな印象です。

欄干や犬の毛並み、小さな砂利を埋め込んだ路面。こういう何気ないカットにも、細かなディテールが描き込まれていて、見たまま、感じたままを画に落とし込んでくれている印象です。

 

 

ボディにも画にも、奥行きを感じられる「小さなフラッグシップ」

さて、センサーだけが進化したわけではないのは皆さんご存知の通り。測距ポイントの増加やD4と同等のアルゴリズムの採用により、AF性能も大幅アップ、今まで以上に小気味よくピントが合うようになりました。画像処理エンジンも最新のEXPEED 3 を搭載、高速化と高画質化に大きく貢献しています。さらに、防塵防滴性能やマグネシウム合金のボディ、SDメモリーカードダブルスロットといったD7000で高く信頼を得ていた部分を継承しながらも、さらなる軽量化やより見やすいファインダーを搭載する等、徹底的に手を入れられていて、、、と、ここに書ききれないくらいに進化を遂げているのですよね。目を見張るシャープネス、豊かな階調と、根源的な画質の高さを実感いただけたのではないかと思いますが、個人的にもはや他のモデルは不要に思えてしまいます。それほどに説得力のある画です。気がついてみれば、ニコンのDXフォーマット用のレンズラインナップは大変充実しています。コンパクトなセンサーだからこそ、ボディもレンズもサイズダウンできるわけで、実際の撮影シーンにおいて「ともかく写る」「軽い」「小さい」といいことずくめ。さらに、フルサイズ用のレンズも使えるわけで、考えてみれば今「一番美味しいカメラ」かもしれませんね。「本気で撮る」そんな方の肩に使い込まれてぶら下がって欲しい、そんなカメラでしょうか。

Loading..

Loading..

2400万画素。ローパスレス。より速くなったAF。他に何が必要ですか?

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

縦位置シャッターがあればやはり便利です。そして安定を考えれば少々重量があってちょうどよいぐらいでしょう。バッテリーライフも格段に伸びます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

キレのよい標準ズームとのレンズキット。ニコンを始めたい方に、安心しておすすめできるセットです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

テレ端が105mmと、少し長いレンズキット。この「少し」が使い勝手を大きく向上します。標準ズームでは少しだけ画角の足りない方へ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

便利ズームと侮るなかれ。写りも優秀で、これ1本で大概の被写体をこなしてしまう万能キット。使いやすさは正義なのです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

1日や2日のロケなら安心して使えるのがニコンのボディの良いところ。とはいえ本気で使えるボディであればこそ、備えあれば憂いなし。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

SDカードを2枚挿せるD7100。足りていますか?

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

いっそ64GBの2枚挿しなんていかがでしょうか。。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..