Canon EOS M2, EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM, 1/500, F8, ISO 200, Photo by T.Nakanishi

Canon EOS M2 | SHOOTING REPORT

2012年秋にキヤノン初となるミラーレス一眼のEOS Mが誕生し、その約1年後にリリースされたEOS M2。センサーサイズ、画素数、画像処理エンジンに変更は無いものの、先代のボディデザインを継承しつつわずかに小型化されました。撮影に関してはコントラストAFと位相差AFを組み合わせた「ハイブリッド CMOS AF II」を搭載することで、AFスピードの向上が図られています。センサーの縦80%×横80%の範囲(先代のMは画面中央付近に集中)で位相差AFが作動するとのこと。条件付の公称値では、約2.3倍の高速化と案内されています。当サイトで以前お届けしたEOS Mのレビューでは、その画作りに関してはなんら不満が無かったことからもお分かりのように、撮影時におけるAFの快適性を主にブラッシュアップしてきたようです。では、作例カットと共に、実際の使用感なども含め確認して参りましょう。

( 写真:T.Nakanishi / 文:KIMURAX )

Canon EOS M2, EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM, 1/400, F5.6, ISO 200, Photo by T.Nakanishi

センサーは大きめのAPS-Cサイズで、有効画素数約1800万画素。ミラーレスながらエントリークラスの一眼レフとなんら遜色のないスペックです。ならば画作りでちょっと差を付けてきてもおかしくは無い所ですが、そこはメーカーの心意気?いやアイデンティティなのでしょう。色調にキヤノンらしさが良く現れていると感じました。透明感のある明るい雰囲気。ちょっぴり淡いナチュラルな色調がそれだと個人的には思うのです。これだけコンパクトなシステムで、一眼レフ顔負けの画を吐き出すのですからさすがです。

Canon EOS M2, EF70-300mm F4-5.6L IS USM, 1/400, F5.6, ISO 400, Photo by T.Nakanishi

早速、進化したAFを確かめるべく狙った一コマです。AFの追従性も良好で、山越えの瞬間をものにすることができました。馬が蹴り上げる土ぼこり。揺れるタテガミ。臨場感たっぷりに写し込むことができました。

Canon EOS M2, EF70-300mm F4-5.6L IS USM, 1/1000, F4, ISO 400, Photo by T.Nakanishi

続くカットは一転して、なんだかほのぼのとしたワンシーン。干し草をあげる少年の背後に、集まってきた虫たちも一緒にハイ、パチリ。

Canon EOS M2, EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM, 1/200, F4.5, ISO 200, Photo by T.Nakanishi

男の子は支柱に腕をのばしているものの、二人が似た様なポーズをしているように見えたのが面白くてシャッターボタンを押しました。空間の奥行きが良く感じられるあたり、レンズの描写もさることながら、大きめのセンサーサイズが効いているのでしょうね。

Canon EOS M2, EF-M22mm F2 STM, 1/400, F2, ISO 400, Photo by T.Nakanishi

単焦点レンズを使用しており、開放からキレがあり、ボケも大変なだらか。シャドーのトーンも実に滑らかに表現されており、被写体にふさわしい上質感が漂っています。

Canon EOS M2, EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM, 1/15, F5.6, ISO 400, Photo by T.Nakanishi

コントラスト表現も申し分ないですね。フォーカス面のシャープネスがしっかりと感じられながら、自然な風合いも同居している秀逸な写りです。

Canon EOS M2, EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM, 1/60, F5.6, ISO 200, Photo by T.Nakanishi

手前のジェラートがしっかり分離しています。飛び出していると言ったら少々大げさですが、そのぐらいの勢いがあると思うのです。やはりなんだかんだ言ってもセンサーサイズが効いているのですよね。身軽に一眼レフと変わらぬ表現ができてしまうのですから感心しきりです。

Canon EOS M2, EF-M22mm F2 STM, 1/3200, F2.8, ISO 200, Photo by T.Nakanishi

使い勝手を磨き上げ、さらに魅力度が増したM2

コンパクトデジカメと変わらぬサイズでよく写るものです。先代のレビューでも触れていましたが、AFスピードや被写体への追従性にやや不安があったということに対しては、M2できっちりと対応してきたなと感じました。液晶モニターでフレームするというスタイルでは、上々の応答性です。大きな進化はないものの、課題を見極めブラッシュアップしてきたM2の完成度は高いものと言えるでしょう。これならコンパクトデジカメに慣れ親しんできた人がステップアップして本機を手にしても、比較的スムーズに使いこなせると思います。このほか使い勝手に関しては、モードダイヤルが先代では3ポジション(「シーンインテリジェントオート」「静止画」「動画」)だったの対し、4ポジション(「シーンインテリジェントオート」「かんたん撮影モード」「応用撮影モード」「動画」)になりました。「かんたん撮影モード」は10種類の撮影モードの中から撮りたいシーンに合わせてモードを選択。「応用撮影モード」は、絞り優先AEやシャッター優先AEといった、本格的な撮影が楽しめます。4ポジションになったことで、こだわりの撮影モードにもアクセスしやすくなり、撮影スキルが上がってきてからもストレス無く使いこなしていくことができるでしょう。またトレンドであるWi-Fi機能もプラスされ、スマートフォンやタブレット端末への画像転送はもちろんのこと、リモート撮影も可能となりました。作例カットをご覧いただき、カメラとしての実力の程は十分にお分かりいただけたことと思います。画質の良さはもとより、ボディの小ささや、使い勝手においても機能の充実が図られており、M2としての新たな魅力が盛り込まれました。これからミラーレスカメラをと考え中の方や、EOSシリーズのサブカメラとして検討中の方には打ってつけの一台。これだけの画質を気軽にいつでも持ち歩けるのですから、シャッターを切る回数がついつい増えてしまいそうです。

( 2014.09.03 )




Loading..

Loading..

デビューから完成度の高かったEOS Mがさらに扱いやすくなりました。小型ボディに高速AFとAPS-Cの大型センサーで、デジタル一眼レフ並の画を手に入れています。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

専用のボディーケース。ボディカラーに合わせて各色ラインナップ。こちらはブラックです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

EOS Mシリーズは専用の金具でストラップを取り付けるタイプとなります。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

シングルハンドタイプのストラップ。コンパクトなカメラですから、軽快に使いたいですよね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ブラックのレンズキット。35mm フルサイズ換算28.8-88mm相当の扱いやすい標準ズームレンズが付属します。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはホワイトのレンズキット。厚い塗装が質感高くおすすめです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはビビッドなピンクに近いレッド。女性の方だけでなく、男性にもお勧めのカラーです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

レンズとのキット(セット)にのみラインナップするベイブルーカラー。濃い青のボディにブラウンのグリップがオシャレですね。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

22mmの単焦点レンズに加え、18-55mmの標準ズームレンズをセット。それぞれの使い分けをお楽しみください。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはホワイトのダブルレンズキット。小旅行でしたらこのぐらいの装備がちょうどいいです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはレッドのダブルレンズキット。付属のマウントアダプターで一眼レフ用EFレンズもお使いいただけます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらのキットにはレンズに加え、マウントアダプターやストロボも付属しますのでとてもお買い得です!EOSの一眼レフをお持ちの方にもサブとしておすすめしたいセットです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはダブルズームキットのブラック。2本のズームレンズでフルサイズ換算28.8-320mm相当まで幅広くカバーしています。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ホワイトのダブルズームキット。運動会などでも活躍できる望遠ズームレンズが付属しています。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ダブルズームキットのレッド。レンズの色はどのボディカラーでも同じです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ダブルズームキットのベイブルーです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

22mm・18-55mmに加え11-22mmの超広角ズームレンズもセットになった贅沢キット。11-22mmは、EF-Mレンズでも「写りがよい」と言われている評判のよいレンズです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ホワイトのトリプルレンズキット。どうせ全部買うんだから、という方にはたいへんお得なセットです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

レッドのトリプルレンズキット。これだけの機材でもコンパクトなのがミラーレスのよいところですね。小さなカメラバッグでも全部OKです。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ベイブルーのトリプルレンズキット。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..