Canon EOS M | SHOOTING REPORT

キヤノンユーザの皆さんには待望のミラーレス「EOS M」が登場。発売から少し経ってしまったのですが、既にお手にされている方も多いのではないかと思います。今回2日間だけ持ち出して撮影してみましたが、意外だった点が一つあります。実はフォトキナの会場で実機を見る機会があったのですが、タッチアンドトライのカウンターには2重3重の人だかりで、実機には触れずじまい。「コンパクトデジタルと変わらないようなサイズだなあ」と、そのまんまコンパクトデジタルカメラのような印象を持っていたのです。つまり「気軽」、それは言い換えれば「頼りなさ」みたいな先入観でした。「EOS」という名を冠するものの、一眼レフシリーズとはあまりに違うわけで、そんな無意識の比較からの先入観かもしれません。しかし、実際手にしてみると、レンズ抜きでもミチッとした重量感・塊感があり、コンパクトが故に、余計にそう感じさせられるのです。これ以上小さくすると操作性が犠牲になるといった程度にとどめてあり、変な表現ですが、実にカメラらしいのです。なるほどなるほど、EOSなんて名前を冠するぐらいだから、とまあ、こう感じた次第です。個人的な話ですが、一発目持ってみて印象の佳いカメラというのは、経験上「使い込む」ことが多いわけで、早速バッテリーを充電して外に持ち出してみることに。作例を交えてインプレッションをお届けしたいと思います。

( 写真・文:K )

流石にAPS-Cサイズのセンサー、EOSシリーズそのままのクオリティ

サイズはコンパクトでもAPS-Cサイズのセンサーを搭載するカメラなわけですから、画にはやはり説得力があります。階調に厚みがあるからこそ、表現に応じた積極的な露出選択が可能になります。露出を切り詰めるのは、わりとどんなカメラでも寛容だったりするものですが、多めの露出となると、どうも画がまとまらないという機種も未だに結構あります。EOS Mはローキー・ハイキーの両方とも懐深い描写を見せてくれました。このあたりの自由度が高いと本当に助かります。それに、EOS 1DXや5D MarkⅢでも感じたことですが、これは「同世代」と解釈してよいのでしょうか? つまり、この似た時期にリリースされたEOSシリーズは、1ピクセル単位の描写に磨きが掛かった印象です。画を構成する線に曖昧さが無くなり、スッキリそして繊細さが増した印象で、ともかく画がクリアになりました。少し前の機種だと、どうしてもモヤっとした印象が拭えず、それを嫌って後処理でアンシャープマスクをかければ、今度は画面全体がギスギスして、結果として画面内の遠近感や立体感を損なうため、できるかぎり後処理では過度なアンシャープマスクを避けるのがベターでしたが、撮って出しの画で十分なレベルにあると感じるのです。EOS Mも全く同様で、撮影後PCの画面を見て唸ってしまいました。なんにせよ、コンパクトデジタル並のサイズでここまで写れば大したものです。

欠けたレンガの肌を、実に緻密に写し込むこの描写。ペタっと潰れて一面に見えない、この自然さ。1ピクセルのレベルで画作りが変わってきた印象ですよね。

芦ノ湖で撮影したカットですが、なんだか油みたいに見えます。しかし肉眼で見たとおり。カメラの出た目から1段ほど露出を切り詰めています。撮影者にしかわからないコメントで申し訳ないのですが、驚くほど見た通りに写ったという印象です。もともとデジタルカメラは、その階調特性がマッチするのか、水を写すとリアリティ溢れる描写だと思うのですが、それにも磨きがかかってきた印象で、最近はどんなカメラで撮っても実によく写るなあという印象です。「良く」というよりは「佳く」「好く」写る。なんだか嬉しいなあと。だんだんと「ここがなあ、、、」なんて目に見える粗がなくなってきましたよね。

シャドー部分を潰してしまうのに、少し後処理でコントラストをつけていますが(といってもRAW現像時のパラメータ調整)、壁面に写り込む木の影がそれにつられて潰れてしまうことがありません。同じシャドーでも階調はあるわけで、このあたりが"端折られて"いたのが以前の話。フイルムの出荷数はかなり減ったように聞いていますが、頷ける話です。

いろんな光に対応できる懐深さ

上のカットは逆光気味で、カメラ出た目から1.3段多めの露出で撮影。露出多めでもサマになるカメラは、ぱっと並べられない印象ですが、薄っぺらくもなく、かといって無理もない。よい塩梅ですよね。ハイキー・ローキーはともかく、フラットな状況でもなかなかの画を叩き出してくれるのがEOS M。これは階調特性によるところが大きいのでしょうね。

同じ海でも一枚上のカットは茅ヶ崎、こちらは九十九里で、天候もまるで違いました。どんよりしたフラットな光の中で、絞りを開け、ピントを電柱に。開放F2といっても実焦点距離は22mm。要は「ペタっと写るだろう」と試したカットです。背景とピントピークそして前景がきちんと分離しています。いわゆる「雰囲気」とは、まずこの基本的な再現描写力あってこそ醸し出されるものだと思います。開放だとさすがに周辺は落ちます。気になる方はメニューからレンズ補正というものがありますので、そちらを。余談ですが、このサイトでテストする際には、たいていメーカーさんが用意してくれている"便利メニュー"は全OFFです(笑)素の力を見たいというのもありますが、もう便利な機能がてんこ盛りで、何がどれぐらい効いているのか見当もつかないことが多いので、どちらかというと気持ち悪くてOFFにしちゃうといったところ。

柔らかい光が差し込む車内で。開放でもよいのですが、絞ってその柔らかさが出るかな〜と試したカットです。開放だとボケの大きさで結構どうとでも見えてしまうのですよね。いかがでしょうか。

派手さは無いが、確かな実力の持ち主

ニコンに続き、キヤノンも遂にミラーレスに参入。2本のレンズにEF用マウントアダプターだけというスタートで、正直なところ「間に合わせなのかなあ」と感じていました。しかし、もし近くにヨドバシカメラがあれば店頭でぜひボディを手にしてみてください。筆者はおそらく一般的な方に比べてかなり手が大きいと思いますが(私より大きな人にあまり会ったことがありません)、それでも「おっ」という手応えを感じるボディバランス。重量感とサイズがマッチしているのでしょう。使い心地はなかなかですよ。APS-Cサイズの大判センサーを搭載してAFは??という心配ですが、輝度の低い、いわゆるAFが苦手とするシーンでは、文字通り少し苦手なようです。速度もやはりコンパクトデジタルのようにはいきません。もともと液晶画面でフレームする時点で、速い被写体を追うのは難しいと言えます。動体を追うならやはりアイレベルの光学ファインダーが一番だと感じるため、必然的に液晶画面でフレームするカメラでは、少し違うアプローチで被写体を追いますよね。「もうちょっと頑張って!」とは思うものの、まずまずの仕上がりと言えるでしょう。また、AFからダイレクトにフォーカスリングからMFでピントを追い込んで行けるモードがあるのですが、こちらはカスタムメニューから選択可能です。

画については作例をご覧いただくのが一番ですが、さすがの一言。最新現行のデジタル一眼画質そのもので、これだけ小さなボディでここまで写ると、正直なところマウントアダプターを作る前に、このマウントのレンズをもっと沢山!という欲求が。あまり小さくてもなんですが、やはりシステムトータルでサイズはコンパクトなのに限ります。長玉があれば、旅に出るときなどはうってつけの存在。ぜひラインナップを増やして欲しいところです。筆者はキヤノンユーザではありませんので、余計にそうだと思うのですが、レンズラインナップが充実していれば、恐らくマウントアダプターを介してEFレンズをマウントすることは無いと思います。これだけの画を叩き出すカメラなのですから、ぜひこのシステムで完結できるようにして欲しいと感じます。今後に期待ですね。とりあえず、単焦点1本に標準ズームがあれば、たいていの撮影はこなせますので、ともかく広角ズームと望遠ズームを。楽しみです。最後にしつこいようですが、ぜひボディを一度手にしてみてください。満を持して投入してきたカメラメーカーの矜持が感じられます。

Loading..

Loading..

レンズのことを書き忘れましたが、2本とも「間に合わせ」ではありません。実に優秀な2本でした。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ホワイトのダブルレンズキット。ダブルレンズキットはマウントアダプターも付属します。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらはレッドのダブルレンズキット。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

シルバーのダブルレンズキット。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ブラックと標準ズームのセット。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ブラックとパンケーキ(単焦点)レンズのセット。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

シルバーと標準ズームのセット。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

シルバーとパンケーキ(単焦点)レンズのセット。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ブラックのボディ単体。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..