たいていの携帯電話にもカメラが搭載されて、いまや誰もがシャッターを切る時代。むかしと比べれば1枚にかかるコストも小さくなったせいか、記念を残すばかりでなくノートにメモをとるように、気楽に写真を撮ることができるようになりました。日常に目をむけて写真を撮っていくと、きっと少しだけ「世界」が変わります。正確には「世界の見かた」が変わるのでしょう。いつもの通り道に咲いた花に気がついたり、新鮮な光景を求めて回り道をしてみたり。春夏秋冬朝昼晩、昨日と同じ瞬間なんてひとつもないということに、ファインダーを通して気がつくはずです。雨が降ったら、それは濡れた景色を撮るチャンス。雨上がりに待っている光景は、きらきらと輝いて宝石のような世界です。そんな世界を見せてくれるのが写真の面白さ。必要なのは、パートナーとなるカメラです。

はじめて手にする人ならレンズ交換式カメラを「難しいんじゃないの?」と思うかもしれません。実はきちんとしたカメラこそ、簡単によく撮れるもの。しかし画質を求めればレンズもボディも大きく・重くなっていくもので、持ち出すのが億劫になっては意味がない。

オリンパスのシステムの魅力は、コンパクトなボディサイズと優れた画質のバランスです。手にして負担のない大きさ・重さのカメラの中から、最良の機種を選ぶとすれば、オリンパスのシステムはとても魅力的なパッケージ。マイクロフォーサーズというセンサーサイズだから実現できる絶妙なバランスは、手にすればきっと「これなら持ち歩けるな」と思うのではないでしょうか。

銀塩の時代には存在しなかったフォーマットですが、レンズランナップは今や充実し、選択肢が広がりました。パンケーキレンズをつけて軽快なシステムを楽しむも良し、表現力豊かな単焦点レンズも良し。多彩な画角をカバーするズームレンズ群も、小さくコンパクトにまとまるのがマイクロフォーサーズシステムの魅力です。特に望遠レンズほどその恩恵は大きく、風景やスポーツを狙うのにこれほど軽快なパッケージはないでしょう。オリンパスには、いいレンズが揃っています。

PEN が先鞭をつけた「アートフィルター」は、カメラ本体で写真にエフェクトをかけてしまう機能。さすがに元祖だけあって、どのフィルターもよい塩梅の仕上がりです。カメラ側で画を創りあげてしまうという大胆な発想は、使ってみるとその面白さに誰もが「いいね、これ」という反応を返したものでした。日常の風景も、アートフレームで切り取ればひとつの「作品」に。ファインダーの段階でフィルターのかかった景色を眺めると、どんなふうに切り取ろうか、自然とインスピレーションが湧いてきます。「こうあるべき」なんていうセオリーを気にする必要はありません。好きなように撮るのが、写真を楽しむお作法なのです。

おぼろげな記憶をさぐるような、デイドリームの描く世界。こころの動きにまかせてシャッターを切ってみましょう。くっきりとコントラストの強い画では描けない世界が、見る人にやさしく伝わります。


粒子の粗いフイルム現像のようなラフモノクロームは、力強く被写体を描き、都市光景を切り取るのにぴったりです。アートフレーム効果と一緒に使えば、すべてのカットが一連の作品に。いままでレンズを向けなかった日常の断片に、たくさんシャッターを切ってみてください。あなたの目線をトレースする、文句なしに格好いいスナップが出来上がります。

いつも持ち歩けるパートナーにぴったりのオリンパスのカメラ。フォーサーズ規格のE-5も現役ですが、悩むべきはおそらく「PENか、OM-Dか」ということになるでしょう。充実した機能やインターフェイス、アクセサリなどを考えていけばOMが魅力的かもしれませんし、手軽でスマートなPENシリーズも捨てがたい。カラーバリエーションの豊富さも相まって、悩みは増す一方です。
いっそルックスで選ぶ、というのもおかしなことではありません。最新のモデルには常に最高の画質がフィードバックされますから、ボディのグレードに応じた機能差や材質の違いはあるにせよ、写し出す写真の画質に出し惜しみはなく、安心してお使いいただけます。この際だからどちらも手にしてしまう? そんな選択も良いかもしれません。

日常を共に過ごすのにぴったりの、コンパクトで上質なシステム。
オリンパスのカメラを手にすれば、写真のある楽しい生活が待っています。

カメララインアップ

OM-DPENPEN LitePEN miniEシリーズ

E-M1

「E-M1 Mark II」がいよいよ登場です。様々な機能をブラッシュアップし、手にすると驚くほどの進化・深化を感じられる1台に仕上がりました。

E-M1

フォーサーズとマイクロフォーサーズを統合するフラッグシップモデル。画質も操作性も、最上位に相応しい1台です。

E-M5 Mark II

OM-D E-M5が3年の時間を経てアップデート。Mark IIとなりました。元々高い完成度だったボディはさらに磨きがかかり、絶大な信頼がおける1台に仕上がっています。

E-M5

電子ビューファインダーを備えて使い勝手のよいOM-D。PENからのアップグレードにも良いでしょう。

E-M10 Mark II

シルバーボディも魅力的です。かつてのOMシリーズに想いを馳せながら、新しいボディを堪能しましょう。

PEN-F

EVFも内蔵した、PEN史上最高のPENの登場です。

E-P5

PENシリーズのすべてが詰まっています。新しいE-P5をお見逃しなく。

E-P3

ロングセラーの前モデル。(販売終了)

E-PL7

自分撮りにも最適な PEN Lite。デザインも一新されました。

E-PL6

あたらしいPEN Lite。

E-PL5

二世代目のPEN Lite。

E-PM2 ブラック

気軽に使ってください。シンプルで良いカメラです。

E-5

光学ファインダーを搭載する、フォーサーズ規格の一眼レフボディ。マイクロフォーサーズ規格と若干異なってきますので、どうぞご注意を。