ニコン・山本開発本部長インタビュー「Nikon D600」と、デジタルカメラ開発に関する四方山話」

新作ボディおよびレンズ投入の盛んなニコン。先日ニコンD600のレポートを公開いたしましたが、この際のインプレッションや撮影した作例などを元に、D600の開発経緯や、デジタルカメラ開発の趨勢、今後の開発に関する考え、かける想いなどを伺ってきました。

受け手:(左写真) 株式会社ニコン 映像カンパニー 山本哲也開発本部長
聞き手:PHOTO YODOBASHI 編集部 K
撮 影:PHOTO YODOBASHI 編集部 A.Inden

Nikon D600 のレポートはこちらからご覧頂けます

ちょうどよい大きさ、ちょうどよいフルサイズ。それがD600。

さて、いま一番旬なカメラ「D600」について色々と伺いたいと思います。なんとなく、D700の後継機のように思われがちですが、実はモデルラインアップからすれば全く新しいカメラという理解でよろしいでしょうか。

そうですね。全くちがいますね。よくD700の後継っていわれるんですけど、それはD800とかに包含されています。そもそも、そのままD700の後継を作るのが本当に良いのかなっていうのが開発としては疑問符がありまして。D700は、ちょうどD3など、あのあたりの形のカメラを安くしたいというのがあったのですが、色々ユーザー層を考えてみるとそことは違う方が、使っていただけるカメラがあるのではないかと思いまして、D600のリリースに繋がったということころがあります。

このD600みたいなモデルをリリースするという構想は、だいたいどれくらい前からあったのでしょうか。モデルの位置づけとしてモデルツリーの中にこれが欲しいよねっていう話があったのでしょうか。

中身のスペックは別として、アイデア的には随分前からあったんですよ。D700あたりを出した後くらいに、僕らとすれば「もっとあるんじゃないかなあ」というのがありまして。

これは開発に携わっている方々にぜひ聞いてみたい話しなんですけれども、私たちが感じるのは、D4だともうちょっと画素数が欲しいと。D800あたりだと特定の目的が無い限りこんなにいらないと。むしろレンズに求められるものが結構沢山あって、デジタルカメラの現在のステージという話でいえば、D600あたりがバランスが良いんじゃないかなと思うんですが、いかがでしょうか。

そうですよね。ハイアマチュアの皆さんを始めとして、一般の皆さんにとって、この2400万画素のD600は扱いやすいモデルだと思います。ハイアマチュアの皆さんや、これから「よし!」と写真表現に踏み込まれようとしている皆さんが、もう少し大きく限界を求める時に、D600は十分に応えてくれるモデルだと思っています。

いまやニコンのフルサイズ機はD4をはじめ、D800/D800Eとラインアップされ、第三の選択肢としてエントリークラスのD600まで選べるようになりましたが、D2Xあたりまで、ニコンさんはAPS-Cで頑張っておられましたよね。フルサイズに踏み切るまで結構あったわけですが、このあたりの経緯について少し伺えませんか?

DXはDXで、始めに作った市場で良いものがありましたので。ただやっぱり、累計で7500万本もNikkorレンズを生産し、数多くのユーザの皆様がお持ちになっているわけで、フルサイズ(FX系)も欲しいなというご期待を頂いてました。それに合うカメラが本当に出せるかなってのをずっと検討してた感じです。そして、ご期待いただいている皆様は、35ミリのファインダーに馴染んでおられるわけですね。私も長い間D300を使っていますが、FXとDXのファインダーを比較すれば個人的には少し満足できない部分があります。かたやDXのファインダーに慣れ親しまれているお客様だと、やはり視野率100%近くで見るとなると、あまり不満を言われる方も居ないのですね。両方見てしまうと「FXがやっぱり・・・」という方もいらっしゃいますが、本当にデジタル慣れ親しんだ方ですと、未だにD300系をご愛用いただいていたりします。プロの方でも使っていただいている方が沢山いらっしゃいます。旅行にカメラを持っていくうちの写真が好きな役員も、FXレンズだとまだまだ旅先では重くてヤダと(笑)。D600あたりになってちょうどD300くらいになったと思うんですよね。だから心が揺れてるみたいで(笑)

あれ、でもD300と比べると、ちょっと軽いイメージがありますよね。FXレンズと組み合わせると、D300+DX NIKKORとどっこいどっこいという?(笑)

そうですね(笑) ボディ単体はD300より軽いですよね。

< 前のページへ