ニコンのデジタル一眼レフではエントリーモデルに属するD5000番台のボディが、D5300としてグレードアップしました。APS-Cサイズのセンサーを搭載する「DXフォーマット」用ボディのなかでは最上位にあたるD7100を追いかけるようにして、ローパスフィルターレスの2400万画素センサー・最新の画像処理エンジンを搭載。高画質化を図るとともに、モニタやファインダーなど撮影に直結するインターフェイスを拡大するなど着実な進化を遂げています。小さなボディですが、その手触り・写りはやはりニコン。これから一眼レフの世界をスタートする方にとっては、最適な選択のひとつと言えるでしょう。一眼レフに慣れたベテランのニコンユーザでも、小さく軽量にまとまるDXフォーマットをお好みの方は多いはず。もはやエントリーモデルとは呼ばせないその実力を、どうぞお確かめください。

( 写真:Z II / 文:48 )

コンパクトでも、しっかりニコンの一眼レフ。

DXフォーマットの「優位性」とも言えるのはこのサイズでしょう。前モデルD5200からも若干ながら小さくなり、光学ファインダーを備える一眼レフとしてはミニマルと言えるサイズになっています。ニコンの一眼レフ、とりわけフルサイズ機に慣れた手に収めてみれば「こんなに軽いの?」なんて思ってしまうのが正直なところ。男性の手ならすっぽりと入ってしまう大きさですが、グリップがしっかりしていることもあってホールディングに不安はありません。装着するレンズ次第とはいえ、女性が手にしてもこのボディを「大きい」「重い」と感じることはないと思います。新採用の強化プラスティックを利用したモノコック構造ということなのですが、レッドとグレーのカラーバリエーションが特徴的ですよね。この質感が伝わるといいのですが、プラスティックとはいえチープな印象はなく、むしろ「こういうボディもありだな」なんて思わせる艶のあるルックスなのです。上位モデルでは選べないとするなら、D5300は敢えてカラーバリエーションを選ぶのも良いかもしれません。いずれも落ち着いた、品のよい色合いです。

手にすれば、こんな具合です。小さめのレンズをつけると本当に軽快なパッケージになりますね。ダイヤルやバリアングル液晶などを操作した時のカッチリとした感触も心地よく、ボディの作りの良さはさすがニコン。長年プロフェッショナルの世界で使われ、一眼レフの世界を牽引してきたのは伊達ではありません。やっぱりブラックが良いですかね? どうぞどうぞ。

 

さてこんなにコンパクトなカメラです。秋を探しに行きましょう。今回のお伴はキットレンズである18-140mmですが、35mm判換算で27-210mm相当の画角という、大変に使い勝手のよいレンズです。ボディが小さいので少し大きく感じますが、この大きさ・重さで大抵のシーンをこなしてしまうと考えれば驚きですよね。荷物も少なくなり、気分も軽やかというものです。

センサーのローパスフィルターレス化は今やトレンド。モアレの発生などの問題を技術的にクリアできるようになってきたというのが実際でしょう。ニコンというメーカーが機能実装するからにはきちんとした評価・検証があってのこと。難しいことがわからなくても、ようするに「良く写る」と思っていただければよいかと思います。ザックリしすぎですかね。

解像感は申し分なく、2400万画素の精細さでトーンも良好です。写りに関してはDXフォーマットの最新スペックと考えていただいて問題ありませんから、レンズ次第で多様な表現を求めることができます。そこに控えるのは単焦点レンズからズームレンズまで幅広くラインナップされるニッコールレンズの数々。安心して一眼レフの世界に飛び込んでください。

高倍率ズームレンズですから少し歪曲が見られますね。しかし1本で済ませることができて、手ブレ補正もついて、この写り。つくづくよい時代になったものです。一昔前ならエントリーモデルに合わせるのは標準ズームと望遠ズームのダブルセットで、交換レンズを入れておけるカメラバッグをぶら下げることからスタートしたものですが、本キットならカメラはぶら下げるだけ。いつもの装いで気楽に出かけることができるわけです。

 

どんな作戦を練っているのでしょう。こんな微笑ましい光景に、ささっとシャッターを切っておけるのがコンパクトな一眼レフの良さです。光学ファインダーも倍率0.82倍と従来モデルより向上。バリアングル液晶を使ったライブビュー撮影が便利な本機種ですが、見えの良い光学ファインダーを使った撮影がやはり基本。写真を撮っている、という気持ちを高めてくれるのですよね。

AFは39点と高密度で最早エントリーモデルとは呼べないクラスですし、フォーカススピードの速さはコンパクトカメラの比ではありません。こんなカットも決して難しいわけではなく、ちゃんとした道具があれば狙えるのです。はたしてこのシュートは入ったのでしょうか。写っている瞬間の前後を想像させるのは、写真の面白さですよね。

目的もなく散歩していたら、フリーマーケットを見つけました。思わず持ち帰りたいものを色々見つけましたが「またガラクタを買ってきて」なんて言われることを想像して写真で我慢。窮屈なシーンや屈まなければいけない場所など、バリアングル液晶は大活躍ですね。Wi-Fi内蔵なので、メールで送って家人に承諾を取る手もあったかも。このカメラで魅力的に撮った写真なら、説得できたかもしれません。

歩き疲れてひと休み。光量の少ないシーンではボディ性能のアドバンテージが発揮されます。携帯電話やコンパクトカメラでは、思ったように写せないというご経験はありませんか? 一眼レフで写真を撮るよろこびは、こんな何気ないシーンでも感じられるはずです。

前モデルから高感度耐性が向上し、ISO12800まで使えるようになりました。といっても実際にはISO6400〜12800はシーンを限って使うイメージでしょう。ISO1600〜3200は十分に使える感度ですから、明るさに限界のあるズームレンズでも助かります。夜だから撮れる雰囲気というものにも、チャレンジしたいですね。

 

軽快なボディで、写真のある生活を楽しもう。

これだけコンパクトで軽量なら、持ち歩くのも苦にならない。そんなふうに感じていただけるボディではないかと思います。センサーも画像処理エンジンもブラッシュアップされて、生み出す画には心配ご無用。上位モデルとの違いは画の性能というよりも使い勝手の違いが大きく、これから一眼レフをスタートする方にとって気になる部分ではないでしょう。撮りたいシーンを見つけてズームリングを操作し、撮りたい瞬間にシャッターを切る。最初は何もかもカメラ任せで問題ないはずです。一眼レフのスピードや操作性の良さ、撮れる画の良さが楽しくなってきたら、今度はレンズを替えてみる。このボディなら小さくて明るい単焦点レンズがぴったりだと思います。明るいレンズを使うと絞りの違いによるボケ・描写の違いを感じることができ、写真がぐっと面白くなってくるでしょう。やがては露出やシャッタースピードなど、自分で積極的にコントロールしたくなってくるはず。上位モデルを気にするのは、そんな段階でいいのです。

申し分のない性能を有した、一眼レフのスタートにはぴったりのカメラです。FXフォーマットボディを使われている方がサブとして使うにも、この軽快さは魅力的。小さくても写真撮影の王道を突き進むニコンの一眼レフ。安心してお使いいただけるものと思います。

Loading..

Loading..

ご覧いただいているそのままの、ブラックボディとキットレンズ。このレンズ1本で一眼レフの生活をスタートできます。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

艶のあるレッドボディのレンズキットはこちら。女性向けでしょうか。アクセントカラーになって、男性にも格好いいと思うんですよね

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

こちらのレンズキットは小粋なグレーのボディ。なかなか渋い選択だと思います。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

ボディ単体はブラックのみ。D5100などをお持ちでしたら、そろそろ買い替えもいいかもしれません。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

単焦点の面白さ、マクロ撮影の面白さを味わえる40mm。ズームレンズと組み合わせて楽しい1本になるはずです。<作例はこちらから>

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

明るいレンズはいかがでしょうか。ズームレンズを楽しんだあとには、こんなレンズがおすすめです。<作例はこちらから>

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

SDカードは必要ですよね。もっと大きい物もありますが、このぐらいが使いやすいのでは。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..

Loading..

Loading..

純正液晶保護フィルムで安心です。使いはじめる前にどうぞ。

価格:Loading..(税込)

Loading..Loading..)

定価:Loading.. | 販売開始日:Loading..

Loading..