カメララインアップ

フルサイズセンサー搭載カメラボディ

EOS-1D X

1Dsと1Dの2台を1台にまとめたような、新世代フラッグシップ。全方位にアップデートが施され、さらに撮り手をサポートしてくれる1台となりました。

EOS 5Ds R

ローパスフィルターをキャンセルしたセンサーを搭載。5000万画素の膨大な情報量と、5Dsの上をいく解像力。圧倒的です。

EOS 5Ds 実写レポート

5000万画素越えのフルサイズ一眼レフ。この解像感は想像以上。一度見てしまったが最後、後戻りできなくなります。

EOS 5D MarkⅢ 実写レポート

フルサイズセンサー搭載機を一気に身近なものにした初代からはや3世代目に。さらに熟成の進んだ魅力ある1台。

EOS 5D MarkⅡ

一眼レフで映像(ムービー)を撮影するというトレンドを創り出した記念碑的モデル。絞り開放の映像は痺れるものが。お買い求めやすくなっています。

EOS 6D 実写レポート

フルサイズEOSのエントリーモデル。とはいえ、ご覧の通り高い次元で作り込まれています。コンパクトで使い勝手のいいボディは、サブボディとしてもご満足いただける1台です。

APS-Cサイズセンサー搭載デジタルカメラボディ

EOS 7D MarkII

APS-C EOSのフラッグシップ機、EOS 7Dが5年振りにモデルチェンジ。あらゆる性能を高いレベルで磨き上げ、狙った被写体を確実にモノにする、信頼の1台です。

EOS 7D

APS-Cサイズセンサー搭載機の最高峰。必要十分な画素数に、視野率100%・高倍率のファインダーなど、ボディの性能も一級品。

EOS 80D

EOS 70Dをアップデート、上位機種EOS 7D Mark IIにも迫る性能のEOS 80Dが登場しました。扱いやすく、動画にも強いEOS。多くの方にご満足いただける高いバランスの1台です。

EOS 70D

2,020万画素のデュアルピクセルCMOSによりライブビュー時のAFが大幅に高速化。DIGIC5+により、高速な処理速度と常用感度12800を実現したミッドレンジEOS。

EOS 60D

約1800万画素のセンサー、バリアングル液晶を搭載するなど、使い勝手にも富む中堅機。

EOS 60Da

CMOSセンサー前面に配したローパスフィルターの特性を、ベースモデルの「EOS 60D」から変更することで、Hα輝線の透過率を「EOS 60D」に比べ約3倍に引き上げました。天体撮影専用機となります。

EOS Kiss X7i

扱いやすいスタンダードEOS KissもX7iへとバージョンアップ。撮影時に確認しながらクリエイティブフィルターを使えるようになりました。

EOS Kiss X7

APS-Cクラスの一眼レフとしては世界最小・最軽量のボディ。その小ささは予想以上です。1800万画素CMOSセンサーにDIGIC5で写りにも妥協はありません。

EOS Kiss X6i

AF性能の強化・底上げ、映像(ムービー)撮影時に従来のコントラストAFにくわえて位相差AFを組み合わせたハイブリッドCMOS AFなど、さらに次元の上がったKiss。

EOS Kiss X5

おなじみ誰でもカンタン、フレンドリーなKissの5世代目。廉価版なんてとんでもない、この1台で結構な撮影がこなせてしまいます。

EOS Kiss X70

リーズナブルなモデルですが、基本機能はしっかりと。欲張り過ぎないスペックが想像以上に余裕のある画作りを生み出しています。

.

EOS Kiss X50

コンパクトデジタルカメラ並のプライスで、しっかり大型センサー搭載の画質。はじめの1台、もう1台にぜひ。

APS-Cサイズセンサー搭載ミラーレスカメラボディ

EOS M2

EOS M3

キヤノンのAPS-Cミラーレスカメラ「EOS M」シリーズも第三世代となりました。熟成を重ねつつ、今度のM3は新たなスタイルとなり、より本格的な撮影でも十分に活躍してくれます。

EOS M2

EOS M2

ミラーレスEOSも二世代目になりました。AF性能が大幅にアップし、Wi-Fiを内蔵しながらボディはよりコンパクトに。EFレンズをお持ちの方もそろそろいかがでしょうか。

EOS M

EOS M

キヤノン初のミラーレスボディ。専用レンズとともに使うもよし、一眼シリーズのバックアップ、サブにもよし。マウントアダプター経由でEFレンズも使えます。